北海道の東方から

道東をメインにちょっとドライブやツーリング 魚釣りなんかを素人写真で日記的に書いていければと

湿原河川のアメマス開幕

私の親しくさせてもらっている釣友達

比較的淡水・河川での釣行が多くいつも羨ましいほどの釣果を写真などで見せてくれます

その気になって数日後行ってみると全然釣れなかったり・・・

タイミングもあるけどやっぱり総合的な腕前はかないません

今回もアメマスしっどい釣れたよ~と写真が

その中に良いサイズのイトウが混じっていたり

またまたその気になった私、仕事帰り釣行に行ってみました
DSC_0032
ここは別海町と中標津町の境界を流れている湿原河川


ミノーだと流れてくる落ち葉を拾いまくるのでスプーンにチェンジ
DSC_0031
おお~けっこう釣れてくれる!サイズは30前後ですが元気なアメマス

そんなサイズばかりですがポイントごとに釣れてくれて楽しい~
DSC_0033
1時間ほどで薄暗くなってきたので納竿、仕事帰りにしては大満足釣行でした

これで気を良くしてしまった私、数日後の休日に早朝から太平洋へと流れている湿原河川へ

入釣直後に「ドスン!」と重たいアタリが

サイズも大きい!慎重にやり取りして寄せてみると・・・

君でしたか、産卵の邪魔してゴメンね

きれいにルアー咥えたからイトウだと思ってバラさないよう必死だったよ

川へお帰り・・・

そこでは3時間ほど釣り歩くもアメマスの気配も感じられず、トボトボと車まで帰ってきました

良い日もあればそうじゃない日もある、だから面白いし釣りはやめられませんね~

空中に浮かぶトーチカ遺跡(大樹町)

割と戦時中の遺構を見に行くのがすきな私。

SNS上でチラチラと見かける「空中トーチカ」なるものが大樹町にあると

今年は行きたいなと思いつつすでに季節はお盆を過ぎました

その日も休日ながら用事が入っていたのですが、思いのほか早めに完了

これはこの日を逃す手はないかな!?行ける時に行っておこう!とバイクに跨り出発

ひとしきり走って海側に抜けました
IMG_3176
私の好きなツーリングルートの一つ厚内の海岸線道路

奥には厚内漁港が見えますね晴れていれば最高だったのにな~

数年前までは一度厚内駅方向へ曲がってからまた海岸線へ戻っていたルート

今は海側に新しく橋がかかってほぼそのまま沿岸を走り抜けることができるんですね

そのまま左手に海をみながら快走していると
IMG_3180
このルート唯一のトンネルに到着


トンネル抜けて反対側、昆布刈石展望台へ
IMG_3186


こちら側からだと新旧トンネルがよく見えますね
IMG_3184


あの旧トンネル、ほぼ車一台分幅の狭いトンネルでした・・・
IMG_3185
対向車が来ない事を願いつつ通り抜けた若かりし頃を思い出します


走りに走って大樹町へやってきました、大樹航空宇宙実験場の滑走路脇を通って海側へ向かいます
IMG_3190


さすが道東、滑走路でタンチョウがくつろいでいる・・・
IMG_3189
航空宇宙実験場の建物の写真、帰り道で撮ろうと思ってたら海側グルっと抜けて国道に戻れたという・・・

行きで写真撮っておけばよかった~

そうしていよいよ目的地に到着
トーチカ01


これが・・・空中トーチカ!
IMG_3205


これ下が川流れているし、あと数年で崩れ落ちてしまうんでは?
IMG_3195


反対側から、いや~不思議な感じですね
IMG_3201


ちゃんとこの状態の時に見に来ることができてよかった
IMG_3202


根室の落石地区にあるトーチカみたいにゆくゆくは転がり落ちてしまうのかな・・・
17.06.13落石07


ひとしきり堪能して今度は海沿いの砂利道を南下していきます
トーチカ02


ここにもトーチカが
IMG_3211


上からはパッと見ただのコンクリの床
IMG_3212


横から覗いてやっと「これもトーチカなんだ?」と確認できます
IMG_3215


目的のモノもしっかり見ることができて大満足

しかしかなり時間がおしています、これは帰路の途中で日没確定ですね・・・

ちょっとお土産買って帰ることにしますか

サケは釣れぬも野生動物のお出迎え

もう今時期ともなればサケ釣りも中盤~終盤くらいでしょうか。

私も8月中旬に「河口規制になる前に!」と、太平洋のとある場所へ行ってました。

天気も晴れで海風が心地よいな~
IMG_3143


あの丘地に見えるなだらかな筋は道路の跡地ですね
IMG_3144
明治時代に根室~苫小牧間を結んでいた「自根室至苫小牧道」

その名残が太平洋沿岸では多数見かけることができます

そんな感じで景色を眺めつつ竿を振っていますが魚からの応答はなし・・・

それもそのはず!何かプカプカしているな~と思ったら
0000111
すぐ沖でアザラシが優雅に泳いでいます

海にこやつがいると魚も逃げてしまって釣れるはずもなく・・・

でもたまに釣る人は釣ってるんだよなぁ、やっぱり腕の差か

小一時間の釣行でサケ釣りの雰囲気を十分満喫した私

ノーフィッシュですが納竿して帰路へとつきました

帰り道の途中には道沿いに大きな沼地が
IMG_3139
馬達が水辺で一休みしていました


白い馬は物語に出てきそう、カッコイイですね~
IMG_3140


奥の馬達も筋肉隆々で力強そう!
IMG_3141


なんて車を停めて眺めていると目前をササッと小さな影が行き来します
IMG_3153
いかにも夏のキタキツネ、夏毛でほっそりしてますね

冬毛のモコモコもカワイイですが夏毛の凛々しい感じもイイです

しかし近いな、エサ貰っちゃってるタイプかな・・・

キツネもクマも、野生動物が近すぎるのはあんまりよろしくないですね

おにやんま君装備で実釣編

ちょっと日にちが経ってしまいましたが、防虫グッズの「おにやんま君」が届いて数日

この日は気温も高めで虫も出ていそう、少し時間ができたので近場の川へおにやんま君装備で魚釣りへ
IMG_3254
取り付けた帽子を被るとこんな感じに

てくてく歩いて草わら、藪をかき分け河原へ向かいます。

歩き始めてすぐ蚊の「プゥ~~ン」という嫌な羽音が顔の周りを付きまといます

いつもなら手で払っても1~2か所は刺されるところ、あれ?いつのまにか蚊がいなくなってる・・・

たまたまでしょ?気の持ちようでしょう?

今度は蜂が(この辺でいうスガリが)ブーンと寄ってきましたがあれ?もういない・・・

結局この日虫刺されはなし!たまたま運の良かった日かもしれませんが
IMG_3259
短い時間の釣行でしたがおかげで釣りに集中できました


小ぶりなニジマスが相手をしてくれて坊主は回避です
IMG_3260
小さいながらそこはニジマス、水面から跳ねる跳ねる!楽しませてもらいました。

しかしどこの河川も水不足、いつもは渡れないような場所でも胴長で普通に歩けてしまいます

台風まではいらないけど、雨が降って川の状況が良くならないかな~

そしたらまたおにやんま君装備で釣りに来たいと思います

黄金色のメルヘンの丘

8月初旬に行ったサロマ湖ツーリング

展望台から林道を降りてきてちょうどお昼時
IMG_3119
今年も北勝水産さんの直売所でランチをいただいていきます


毎回発券機の前でメニュー悩むんですが・・・
IMG_3122
結局またホタテバーガー、間違いないですね


そこからの帰り道、いつも途中で寄っていくところがあります
IMG_3125
大空町女満別の「メルヘンの丘」

訪れる年や時期によって様々な色合いを見せてくれる丘地と立木

今年は黄金色の景色を見ることができました

気温も全然下がらないのでこの景色を見ながらコーヒーで一息、休憩してからもう一走り

のんびり帰宅ツーリングしていると麦稈(ばっかん)ロールがコロコロしている畑が
IMG_3126
私の地元・根室管内では牛の餌となる牧草ロールがメインなので、麦ワラのロールの景色は新鮮です


作業中の畑も
IMG_3131
作業機で麦わらの束を飲み込んで丸めてますね~


お!止まった、いっぱいになったかな?
IMG_3133


パカっと後ろの蓋が開いて~
IMG_3134


麦稈ロールの出来上がり!
IMG_3135
この麦稈ロール、牛の寝床の敷きワラとして使われたりして

山を越えてこちら管内までけっこう運ばれてきます。

この時期の風物詩ですね、いかにも夏のツーリング!って感じを満喫して家路につきました~



もしよろしかったら押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村



人気ブログランキング



総合釣り情報サイト

魚速報
google-site-verification: googledf8960435a96a361.html
プロフィール

北海道の東側で広く浅く色々な趣味を楽しんでいます。
どちらかというと屋内よりも屋外、アウトドア派です。

お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。
  • ライブドアブログ