北海道の東方から

道東をメインにちょっとドライブやツーリング 魚釣りなんかを素人写真で日記的に書いていければと

新竿グラッピーで湿原河川へ

このあいだ新たに手にした釣り竿、テイルウォークのグラッピーS55UL

使ってみたくてウズウズしてました

先日となり町の湿原河川へ早速試し釣りに
IMG_5716


秋本番で彼らも冬眠前の蓄え時期でしょうし、普段装備の鈴の他にこの日はスプレーも
IMG_5715
出番はこないでほしいですね・・・

釣り糸の先にまずはミノーを結んで釣行開始です
IMG_5717


川辺について竿を振り振り、なかなか良い感触です!

ルアー投げる時も鱒レンジャーよりしっかり踏ん張るけどしなやかな感じ

凄い軽いルアーなら竿自体が自然と曲がってくれる鱒レンジャーが投げやすいかもですが

あとは魚かかったらどんなかな~?

本格的に紅葉の季節になって落ち葉もひっきりなしに流れてきます
IMG_5732
リップがあって針も多いミノーだと常に枯葉拾ってきちゃう・・・

スプーンにルアーチェンジ!
IMG_5730


そしてキャスト一投目!
IMG_5722
キタキター!けっこう良い型でないかな!?

でもここ足場高いのよね~、川も深いし・・・少し下流に浅いとこあったかな?

魚も頑張る頑張る!私もなんとか水中に降りられそうな場所へ
IMG_5724


ほぼ垂直に水中に滑り降りてなんとかネットイン!
IMG_5725
アメマス、水中なのでなんとなくでメジャーあててサイズはだいたい50前後

いや~楽しかった
IMG_5727
ちょっと連れまわしちゃったのでネットの中で少し休んでもらって

間もなく元気に泳いでいきました

これくらいのサイズの魚でもけっこう余裕ありますねこの竿

あれ、本当に飛距離のほしい場所以外はこれ一本で私のする釣りほぼこなせるかも・・・

そして川に降りたはいいけどどうやって岸に復帰しようかな
IMG_5728
水中は深みが多いし、岸はずっと1mくらいのガケ状態・・・

とりあえずさっきのポイントまで届きそうだしこのままもう一投!
IMG_5729
ヒットと同時に水面からジャンプ!ニジマスも釣れてくれました、サイズ30cmくらいかな?

今日は釣り運のイイ日ですね枯れ木や草をつかんでなんとか岸上にも復帰し釣り続行

アメマスを数匹追加で釣りあげ満足したので車まで釣り下がりますかぁ

と途中で「ガサガサ、バキ、バキ!」っと草や枯れ木の折れる音!

え、え?え?とうろたえながらもそっとスプレーに手を添えると・・・
IMG_5734
エ・ゾ・リ・ス!そこそこ体大きいから物音もイイ音させるな~!?

いやいやビビリ私、本当びっくりしました
IMG_5736
リスも冬に備えてるのかな~、一生懸命食べてましたね

熊じゃなくてよかったです

屈斜路湖・林道ツーリング

もしかしたらこれが乗り納めになるかもね?

と地元の先輩Sさんと林道ツーリングに出かけた9月末
IMG_5634
のっけからこんな感じで林道ガチャガチャ水の力って凄いですね~

摩周湖の周辺をグイーっと周って広場で休憩、この日は天気も最高で途中の登山口も賑わっていました
IMG_5638
この日はSさんセローで乗り付け

このセロー、大径のタイヤ履くのにスイングアーム延長したり

ドラムからディスクにブレーキ変えたりエンジン内も少々?

スプロケも低速仕様にふってSPLセロー225ですね

ここから屈斜路湖の湖畔林道へ向かってみます
001
日曜日ってこともあって釣りのお客さんも沢山きていました

釣り大好きな私、釣果が気になり遠目に見学させてもらうと・・・

おお!?入れ食い!ウグイっぽいなぁ、サイズ大きくて楽しそう

今度は釣りで屈斜路湖来てみようっと

紅葉にはまだ少し早いですね~
IMG_5643

IMG_5639
天気は一日中最高でした

そして本当はこの湖畔林道から廃道経由で小清水峠方面に抜ける予定が、大規模な倒木群に阻まれ撤退・・・

去年は大丈夫だったのになぁ、年々通れるルートが少なくなっていきますね

舗装道路に戻って小清水峠へ
IMG_5645
この日は9月最後の日曜日とあってボートやジェットの人達も多数来ていましたね

屈斜路湖は10月から動力船の航行が禁止になるので乗り納めなんでしょうね・・・

屈斜路湖の周りには景色を見渡せる美幌峠や津別峠がありますが

この道道102号線の小清水峠、藻琴峠の景色もいいですよね
IMG_5646
カメラをズームすると硫黄山の噴煙もくっきりはっきり

小清水峠付近の湧き水・欣明水の場所へも行ってみました
IMG_5437
Sさんとこの看板前で話し込んで

「藻琴の旧スキー場とは別にこっちの小清水にも昔スキー場あったんでないかな?」

なんて予想、今度小清水町の歴史資料見られるとこあれば行ってみようかな?

ここからもう一つの湧き水「三十三冷泉」へ
002
快適林道ツーリングを楽しんで到着しました

今日もじゃんじゃん湧いてますね~
IMG_5648
湧き水で一息入れてこの日最後の林道へ向かいます

旧野上峠から地形図には表記の無い「忘れられた道」と呼ばれる類の林道へ
a01
こんな感じで旧野上峠から清里町の緑地区へ通り抜けました

道自体は車でも十分走れるくらいのしっかり具合、倒木も無しです
IMG_5649
緑地区側の出口で記念撮影

林道メインの走行だったのでこの時点で二人ともけっこうグッタリ

14時くらいでしたが帰って片付けしたりしてちょうどいいよね~って事で林道ツーリング終了!

天気も良く9月末にしては寒くなく、楽しいツーリングでした

赤い釣り竿・グラッピーS55UL購入

夏が終わって秋に向かい、私的に釣行回数も増えてくる季節

そんなハイシーズンに向けてまた釣り竿を一本増やしてしまった・・・
IMG_5675
テイルウォークのグラスコンポジットロッド グラッピーS55ULです

最近グラスロッド流行っているのか色んなメーカーで販売してますよね

そのはしりは鱒レンジャーだろうな~と個人的に思うところ

私も去年から鱒レンジャー使いだしてその楽しさにすっかりハマりました

でも渓流とかでたま~に40~50サイズの魚掛かるとけっこうキツい!

広い湖とかならいいですが川だと倒木なんかの障害物に潜られたり・・・

もう少しだけ強めの、でもグラスのしなやかな楽しいロッド欲しいなぁ

でこのグラッピーにたどり着きました。でもこの竿バスロッドなんです
IMG_5676
「ロッドの曲がりを楽しむ」「バスのみならずトラウトも面白い」

この説明書きにやられました

普通にトラウトロッドより天邪鬼っ気のある自分に丁度良いかも・笑
IMG_5677
素材の配合率はカーボン30%・グラス70%

この配分・・・子供の頃500円で買っていた振り出しロッドと同じ!懐かしさを感じます

肝心の竿の方はと
a01
左が鱒レンジャー50 右がグラッピーS55UL 赤いカラーの竿好きなんですよね

この鱒レンジャーは長さ5フィート、重量110g、ルアーウェイト1~7g、ライン2~4lbだったはず
IMG_5655


対してグラッピーS55ULは長さ5.5フィート、重量110g、ルアー1/8~1/2oz(約3.5~14g)、ライン4~12lb
IMG_5659

IMG_5657

IMG_5658


一番リール側の大きなガイド
IMG_5660
左・鱒レンジャー 右・グラッピーS55UL

トップガイド左・グラッピーS55UL 右・鱒レンジャー
IMG_5661
グラッピーのガイドは大口径ですね、最近主流の小径ガイドが苦手な私

小径の方がかなり軽量な竿にできるみたいですけど・・・

でもグラスロッドに大径ステンレスガイド7個付けて110gならけっこう軽いですよね!?

この大口径ステンレスKガイドって事もこの竿を選んだポイントの一つ

フイの大物に備えてラインも1ランク太くしようと思うのでガイドの糸抜けも考慮して

鱒レンジャーのグリップ
IMG_5663
昔ながらのオーソドックスタイプ、使いやすいです

グラッピーのグリップ
IMG_5662
リールシートの締め込みネジが前タイプ、私の使い方だとこの方がネジ緩まなくてありがたいです

そして鱒レンジャーが1ピースに対しグラッピーは2ピース分割タイプ
IMG_5664
これも車載する時にコンパクトになっていいですね。

手持ちに投げ釣り用の35号重り(約131g)あったので各竿の曲がり具合でも
IMG_5666


さすが鱒レンジャーはぐい~っと曲がりこみますね~
IMG_5665


対してグラッピーは
IMG_5667
これぐらいの曲がり、実際使ってみない事にはまだなんともわかりませんね。

早く実釣で試したいな~!

浜辺で囲碁できる?屈斜路湖・碁石浜

九月中旬、そろそろ湖の水温も下がり気味になってきたかな?

アメマスやニジマス釣れないかな~と屈斜路湖へ行ってみました。
IMG_5595
なかなかいい天気ですね

ちょっとだけ紅葉が始まっている感じの湖際
IMG_5597
葉が色付き始めるくらい朝晩はひんやりし始める季節ですが

残念ながら魚釣りは空振り

浜辺の倒木に腰かけて休憩してると
IMG_5598


そんな日もある、と虫も慰めてくれてるのか
IMG_5599
最近湖ではこんな日続きなんですが・・・

帰りがけにちょっと寄り道していきます

屈斜路湖の浜辺は大きな石の浜、小さな石の浜、砂浜、一面岩盤の浜等々いろいろな様相を楽しめます

そしてここ「碁石浜」
IMG_5600
囲碁に使う石のように一面が白・黒の石でできている浜です

こんなサイズの白黒石でビッシリ
IMG_5602
こんな様相の浜辺も珍しいんじゃないかな?

地形図にも表記されているくらいです
05
今日の湖は石遊びしておしまい!次回は魚釣りたいな~

初秋の岬と砂浜ツーリング

ここ最近楽しみにしている番組「北海道ドローン紀行」

放送時間が深夜なので録画して後日に数回分をまとめて観るのが習慣に

そんな番組に釧路町の尻羽岬を空撮した回がありました
尻羽岬

ああ~相変わらず壮大な場所だなぁ、そういえばしばらく行っていないなここ

と思い立ったら次の休日は晴れ予報
IMG_5556
バイクで来ちゃいました

笹原丘陵地帯の海側は断崖になっています
IMG_5560
覗き込むとお尻がキュッとなります

遠目からポツンとバイク
IMG_5538
この辺はまだ岬ではないんですが駐車場へ行ってみましょう

駐車場到着!
IMG_5561
車やバイクはここまで、ここから岬先端までの約1kmは徒歩になります

私の他に車が3~4台だったかな?歩いて岬に向かっている人も見えました

この日はなんでかオフロードブーツで来ちゃったので私はまた次の時に岬へ行ってみます

ここからグルっと厚岸市街地を経由して北太平洋シーサイドラインを浜中町へ
IMG_5566
霧多布湿原を一望できる琵琶瀬展望台、今年も来ることができました

ここから霧多布市街地方向へ向かって・・・
IMG_5569
なぎさのドライブウェイへ

相変わらず走りやすい砂浜です
IMG_5567


バイクもスタンド少しめり込むけど自立します
IMG_5572


ウミネコも休憩中
IMG_5575
後ろ姿まるっこくてめんこいですね

さて寒くなる前に帰ろー!
IMG_5577
海辺を走ったのでサッと水洗車で洗い流してまた次のツーリングへ~



もしよろしかったら押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

魚速報
総合釣り情報サイト


FC2ブログランキング
プロフィール

北海道の東側で広く浅く色々な趣味を楽しんでいます。
どちらかというと屋内よりも屋外、アウトドア派です。

お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。
  • ライブドアブログ