北海道の東方から

道東をメインにちょっとドライブやツーリング 魚釣りなんかを素人写真で日記的に書いていければと

山肌に巨大「牛」文字が!養老「牛」地区のモアン山(中標津町)

中標津町の養老牛地区 道道150号線を裏摩周方面に向かうと、

台形の形をした山に「牛」の文字が書かれているのを見た事がある人もいるのでは?

10.07.11養老牛

出現したのは10年以上前からでしょうか。

最初は「牛乳」の文字の案もあったみたいですが、実際に「乳」の文字を刈り込むのは大変そう

かえって「牛」一文字の方が印象深く、観光客の人達も道路脇に車を停めて撮影している姿を多くみます。

12.07.05-11養老牛の牛文字

凄く牧歌的で、平野の酪農地帯とはまた違う景色を堪能できますね

放牧が始まったら「牛」の文字の中に牛がウロウロしている姿を見ることも


初冬、雪が降るといっそう強調される「牛」

06.12.08モアン山

この文字が描かれている「モアン山」

北根室ランチウェイ(オフィシャルページ有)という中標津の町から弟子屈町のJR美留和駅を結ぶ

71.4kmのフットパスのルートにもなっているので、山の上からの景色も楽しめるみたいですよ~

私はまだ行ったことないので、今度行ってきます!2019年はやる事沢山あるな~

山の中の静寂湖・緑ダム(清里町)

神の子池、サクラの滝、男鹿の滝などの自然が素晴らしい清里町

その山奥、男鹿の滝の手前にダムによってできた湖があります。

「緑ダム」

07.07.08ツーリング11

着手1974年 竣工2003年

斜里川水系アタクチャ川に建設されたロックフィルダム

用途 かんがい用水

私が運転免許をとってはじめて自分で訪れた湖です。

写真が全体的に古くてすいません


裏摩周展望台方面から道道1115号線を清里方面に向かう途中

「緑」という集落の3~4km手前に右に入る枝道を進むと・・・

08.06.01緑ダム近辺02

こんな看板有り

真っ直ぐは砂利道となって男鹿の滝方面

右の舗装道路を進みます。


しばらく登っていくとダム湖が現れます。

07.07.08ツーリング12


管理棟の脇をさらに上に登っていける道があるので進んでいくと

07.07.08ツーリング17

07.07.08ツーリング18

けっこう高台にある見晴らし場所からダム湖を一望できます、良い眺め

この時は夏に行ったのに藻とかもなくて綺麗な湖だな~て印象でした。


説明看板もあり、好きな人はじっくり読んでしまうかもしれませんね

07.07.08ツーリング16

またさらに押しボタンスイッチが二つ付いた台座もあって、押してみると・・・


静かな山あいに大音量で緑ダムの解説が流れます、最初ビックリしました

ちなみにもう一つのボタンも同じ解説、二回山々からのこだまに聞きほれていました


管理棟の反対側から

07.07.08ツーリング13

見晴らし場の看板が見えますね!


湖の水も流れ出ていました、さわやか~

07.07.08ツーリング14

時間のある時は「裏摩周」~「神の子池」~「サクラの滝」~「緑ダム」~「男鹿の滝」がツーリングルートでした。

余裕があったら「江鳶山展望台」、「清里の直線道路」も

今ならそんなに一気に回ったらダウンしちゃう

今年もまたのんびり山ツーリングしてこよう。

冬の(今日の)摩周湖・硫黄山(弟子屈町)

今日は大寒波がやってきた北海道。

私の暮らす地域でもマイナス29℃を下回りました・・・陸別町はマイナス31.8℃とか

おかげさまで車が冷え切ってしまって朝エンジンがかかりません!

もう一台は大丈夫だったので、その車両からケーブルでバッテリーを繋いでなんとかエンジン始動~

寒すぎると水道凍結や色々不都合な事が増えてしまいますね



そんな中、天気は抜群に良かったのでちょっとドライブに出かけてきました。

まず目指すは冬の摩周湖、これだけ寒かったら完全結氷になったかな?

IMG_0092

摩周湖第一展望台到着、さっきまで雲一つなかったのに・・・

反対側の山々は良い青空具合ですよ~、この青空で湖見たかったなぁ

IMG_0098



一部分は凍っているかな、って感じですね。今年は完全結氷までいかないかな?

IMG_0094



中島も雪で真っ白ですね~

IMG_0095


第一展望台の売店は冬でも営業しているんですね!だけどここで行き止まり

ここから先の第三展望台~川湯までの道路は冬期間通行止めで除雪されていません。

折り返して弟子屈の町に戻る事になりますが、冬は天気の良い日が多いので快晴の摩周湖が見れるかも?

今日も冬なのに観光客のお客さん沢山来ていました。

この時期は駐車料金もかからないので気軽に駐車できるのも魅力かも



お昼ご飯に川湯駅前へ

1549693826721


「森のホール」でピザとマフィンサンドを注文

珍しい雑貨も置いてあって美味しい・楽しいお店でした。



このあたりは電柱とかもこだわっていますね!

IMG_0101

白樺柄にカラーリングされて自然に溶け込む感じに。

その脇の木を一所懸命つつく鳥の姿が

IMG_0112

鳥は詳しくないのですが、オオアカゲラのメスでしょうか?

こんな近くで見られるなんて、自然が近く感じる場所ですね。


ここまで来たので硫黄山にも寄ってみます!

IMG_0117

あまり来たことがなかった冬の硫黄山

大寒波のせいもあるのか、夏より湯気が凄い気がします。

IMG_0118

ここも観光ハイシーズンは有料駐車場ですが、冬はそのまま駐車場に乗り入れできます。

今日は楽しいドライブデイでした

厚岸大橋・鮮やかな赤いトラス橋とお供山展望台(厚岸町)

春先の湿原河川・河口の釣行の際によく買い物等でお世話になる厚岸町。

この日も釣りを終えてお昼ご飯を食べに町まで来ました。

ここでは厚岸湾の海との接合部分に、見事なトラス橋「厚岸大橋」が赤い鮮やかな姿を見せてくれます。

IMG_20180328_130047

1972年開通 それ以前は「厚岸フェリー」が人や車、物資を運んでいましたが、

橋の開通とともに廃止になったようです。

「厚岸海事記念館」にて関連の資料、展示物を見ることができました。


普段は車・バイクで通ったり港から眺めたりしてましたが、この橋を上から一望できる展望台の存在が

さて歩きですが登っていってみましょ~

IMG_20180328_132800


普段運動不足の身にはなかなか堪えますぜ・・・

IMG_20180328_133331


ゼェゼェ・・・呼吸がヒューヒューいってる

IMG_20180328_133618

やっと見えてきましたー!「お供山展望台」

チャシ跡もあるんですね、こんなところで鹿の追い込みやってたんだ

IMG_20180328_133703



展望台からの眺めは見事の一言

初めて上からの厚岸大橋見る事ができました

IMG_20180328_133927



湾内の社も上からだとこんな感じなんですね。浅瀬があるんだ。

IMG_20180328_133950

いやー景色を堪能しながら小一時間休憩しました。

さて、ガクガクいってる膝を説得しながらまたあの道を帰るか・・・

流行のジュエリーアイス?大水の後の春の川は氷塊天国

冬の大河川の氷が海に流れ出て、河口近辺砂浜に打ち上げられた氷塊群

ジュエリーアイスとしてここ数年話題になっていますよね。

まだ実物は見たことないんですが、写真を見るとキレイですよね~


去年2018年の春に大雨と雪解け水が重なってけっこうな大水になった道東地区

いつも釣りに行く厚岸~別海を結ぶ道道813号・大別線のカヌーポート付近です

IMG_20180310_113344

こんなんなるんだ・・・初めて見ました


普段は周り湿原地帯の別海町~根室間の国道243号・風連川近辺

1235

湖の中を渡っていく道路みたいに


この増水で川にまだ張っていた氷が岸に打ち上げられて

水が落ち着いて釣りに行ってみたらこんな感じに・・・

IMG_20180322_115532


表面は汚いですが、裏から見て光に透かせば結構キレイ

IMG_20180328_072936

ジュエリーアイス大氷塊バージョン・・・


春の川氷っていつもは岸からこんな感じでオーバーハングしてて危ないんですよね。

IMG_20180322_113744

乗って割れたら氷とともにさよなら~・・

2019年春の川はどんな感じになるのか?

虫もいないし、草も無くて歩きやすい、そして釣れる確率高いので今から楽しみな春の釣りです
もしよろしかったら押していただけると嬉しいです! にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村


人気ブログランキング
プロフィール

北海道の東側で広く浅く色々な趣味を楽しんでいます。
どちらかというと屋内よりも屋外、アウトドア派です。

お問い合わせ
車からコンセント電源!災害時用にも
前後2カメラ
アウトドアの手洗い等に便利
google-site-verification: googledf8960435a96a361.html
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。
  • ライブドアブログ