北海道の東方から

道東をメインにちょっとドライブやツーリング 魚釣りなんかを素人写真で日記的に書いていければと

サロマ湖を一望!サロマ湖展望台

端野峠を後にして向かうはオホーツク海!

しかし時間がお昼近くなるにつれ内陸はひどい暑さに

バイクで走って風を浴びているはずなのに全然涼しくない、暑い~

早く海沿いに着かないかな~、と熱風の中を進んで行きます。
IMG_3095
着きましたサロマ湖畔の国道239号線!

そしてこのT字路からサロマ湖展望台まで5km
IMG_3096


最初だけ舗装路であとは林道を山の上に向かって進んで行きます
IMG_3097


ここからスタート!
サロマ展望台01


なだらかストレート区間の終わりくらいに看板二枚
IMG_3099


ここから本当の林道スタートかな?
IMG_3100

IMG_3098


それほど広くない砂利道林道のワインディングを登って~

バイクと車ならすれ違うのに困りませんが、車同士だと広い場所を探さないとスライドけっこう厳しいかも・・・

そんなこんなで展望台へ進む枝道ポイントへ到着
IMG_3101


展望台方向
IMG_3102


逆から
IMG_3103
向かって右側が進んできた道


ここから展望台へもう一走り!
サロマ展望台02


駐車場へ到着~
IMG_3106
他にも車の方5台くらいいましたね~、駐車場10台くらいは駐車できそうかな?


さてここから階段!けっこう急で長い道のり
IMG_3107


この日はもっと荒れた山道走る気でいたのでオフブーツ履いてきちゃった・・・
IMG_3108
階段キツイ


登りの三分の一ほどきたところで展望台の全容が見えてきます
IMG_3109
あそこのてっぺんまでまだ頑張らないと~


ハァ、ハァ、入り口に着いた・・・
IMG_3111


そしててっぺんからサロマ湖東側
IMG_3112
ああ~頑張って登ったかいがありました!ここの景色大好きです!

あの突き出している岬は「キムアネップ岬」
IMG_3113
キャンプ場やサンゴ草の群生地がある気になる岬、今度行ってみよう


そしてサロマ湖西側、こっちの眺めもステキ
IMG_3114


道の駅サロマ湖も上からの眺め~
IMG_3115


景色も堪能したんで下山しますかぁ
IMG_3117
ふたたび国道239号線に合流


こちら側からだと展望台まで5.8km
IMG_3118


距離は少し長いですがこっち側は2km弱舗装路になります
IMG_3120


いつもはこっち側から出入りしている私
サロマ展望台03


天気の良い日にサロマ湖展望台へドライブ・ツーリング良いかもですね~

トンネル上の旧峠道・端野峠

この日は早朝小雨の空模様、予報では悪くない天気のはずなんですが

バイクに乗ってツーリング予定でしたがどうしようか・・・

気温は高そうなのでちょっとくらい濡れて走っても大丈夫かな?

と濡れた道路を最道東方面から弟子屈・屈斜路湖近辺へ

屈斜路ウェザーなんて言う人もいるくらい湖周辺だけガラっと天気が変わる事がザラな屈斜路湖

予想通り弟子屈市街地を過ぎて湖近くなると青空が見えてきました

この調子なら美幌峠を越えて向こう側は好天が望めますね

そんなこんなでこの日の予定の一つ、「端野峠」の入り口へやってきました。
IMG_3070

端野峠入り口
この旧道は端野トンネルが開通する1993年までメインの山越え道路として使われていました。

2020年の今現在も廃道化せず快適な峠林道といった感じで通り抜けする事ができます。
IMG_3071
峠入り口の少し端野側にはレジャー施設入り口の看板が

道は整備された砂利道といった感じで乗用車でも問題なし
IMG_3072


入り口脇には「ふるさと端野100年記念メモリアルロード」の看板が
IMG_3073


ゲートには「北見警察署長」「網走開発建設部長」の表記が
IMG_3074
団体名ではなくその個人役職名が記されているってパターン初めてみました


バイクを少し走らせてみると快適フラット林道のおでまし
IMG_3075


そんな快走路を楽しみながら標高を上げていくと到着しました
IMG_3079
「端野峠」と大きく記された標柱

写真にトンボが写ってますね~、8月に入ったばかりですがもう秋の雰囲気・・・

この辺りは少しだけ見晴らしが良いです
IMG_3080
端野側の平野を遠くまで望むことができます

そしてすぐ向こうが頂上かな?
IMG_3081


切り開きました感がいっぱいの切り土区間が
IMG_3082


頂上であるだろう切り土区間を通り抜けあとは木々の中を砂利道下ってIMG_3083
国道333号線に合流

端野トンネル北側から500mくらいかな?
端野峠出口


ちょっとこの端野峠出口で一休み
IMG_3084
なんせこの日も暑かったです

今年バイクでオホーツク方面を走る日はなんだか暑い日にあたるな~

コーヒーで一息ついて地図で次の目的地までの経路を確認、オホーツク海へ向かって出発します

つづく

ルアーの傷防止に・ケースに保護材を貼り付け

先日新品のルアーケースを購入したので、いつも私がしている小細工を一つ
IMG_3156
メイホウのマルチケース・クリアMサイズです


蓋を開けるとこんな感じで
IMG_3157
昔はこのままルアーを放り込んで持ち運んでいたんですが、

ケース内でルアーがカチャカチャ踊って煩いのと、ルアー同士やケース内の壁に擦れたりしてけっこう傷が入るんですよね・・・

そこで100円ショップにて購入してきましたすきまテープ!
IMG_3154


厚みもそこそこ、スポンジ自体も柔らかくて良い感じ。
IMG_3155
何より最初から貼り付け用のテープが付いているのがお手軽でいいですね


これを適度な長さにカットしてまずは蓋側に張り付け
IMG_3158


次は本体ケース側にも貼り付け
IMG_3159
これで完了です。


ルアーを入れてみます。
IMG_3160


そして蓋を閉めてみると
IMG_3161
このような感じでルアーが上下からスポンジで挟まれて固定されます。

スポンジの厚みの分、入るルアーの量は若干少なくなるでしょうが

ルアーもバタつかず針もそこまで踊らなくなるので傷はだいぶ入りにくい仕様に

針がスポンジに引っ掛かっても素材が柔らかいので簡単にむしり取れますし

恰好は悪いかもしれないですが私のルアーケースは全てこんな仕様です。

他にも同じような事やってらっしゃる釣り人の方もいらっしゃるでしょうが、

私の個人的なちょっとした小細工でした~

静寂の夏の金山スキー場

川北温泉から国道へ復帰

まだ時間があるのでもうちょっと寄り道してみます
IMG_2836


少し斜里方面側に走って金山スキー場に来てみました
IMG_2837


道は細くて荒れ気味ですが一応舗装路です
IMG_2838


そしてこの道はここからすでに林道だったりします
IMG_2840


金山薫別林道
IMG_2839


いくらも走らないで忠類川を横断する橋を渡ります
IMG_2841


たきのはし
IMG_2842


なかなか古い昭和49年11月竣工
IMG_2843


橋の欄干にはこんな看板が
IMG_2846


サクラマスが遡上している忠類川、荒々しいですね~
IMG_2844


橋の名前の通り滝がすぐ近くに
IMG_2845
木陰であまりよく見えないですけどね


橋の上からはサクラマスの姿を多数見ることができます
IMG_2850-1
写真だとイマイチわかりずらいですね


他にもこんな落とし物が
IMG_2855


鹿の角が水中に
IMG_2853


と思ったら岩陰からカモ?がバサバサ!っと水面走りで出て来たり
IMG_2854
う~ん大自然だなぁ


一通り虫類川の景色を堪能したのでいよいよスキー場へ
IMG_2860


おお~夏はこんな風になっているんだ?
IMG_2865
車の跡あるけど、間違って滑って横向きになったら映画並みに転がるべな~・・・


頂上のリフト施設
IMG_2867
あそこまで行くと熊の痕跡が凄いらしいと噂で聞いたことが・汗

冬でもあの場所まで行った事ないです傾斜がキツくて滑り降りられない自信あり

そしてこれだけの傾斜地なんで大雨降ったら土石流の危険が!?
IMG_2858
注意喚起の看板があります。

最初は夏のスキー場に人なんて来るのかな?って思ってましたが

私以外に二台の車の往来が、私みたいなもの好きが他にもいるもんですね

そして金山薫別林道の続きは
IMG_2859
ゲートで通行止め・・・


もう一か所違う林道に行けるルートも
IMG_2864
やはりゲートが閉まっています。

2016年、夏の大型台風3連発の影響でこの辺りの林道も長らく不通ですね・・・

関連建物も夏は静かな装い
IMG_2861

IMG_2868

IMG_2869
次の冬の営業までひと時の休憩

年々降雪量が少なくなっていく道東地方ですが、スキー場界隈だけは景気よく降ってほしいですね

湯舟が残る山奥の温泉宿跡・川北温泉

いや~ここ数日とても蒸し暑かったですね

気温は30℃弱でもこの湿度の高さがあいまって、最道東民の私はグッタリでした・・・

おかげでブログも一週間ほど放置・汗

仕事から帰るとすぐにお風呂に入ってサッパリする日々

湯舟に浸かっていると温泉に行きたいな~とぼんやり妄想・・・

そんな入りに行きたい温泉、ちょっとした山奥の無料露天風呂「川北温泉」(標津町)
IMG_2822


標津町の市街地から国道244号線を斜里町方面へ
IMG_2821
金山スキー場の数キロ手前、左手に入っていける林道奥にあります。


林道なので冬は降雪で閉めてしまうゲート
IMG_2823

IMG_2824
ふむふむ、キャンプはダメなのね・・・熊は怖いもね・・・

この川北温泉、昔は温泉宿があったらしく調べると昭和24年頃の建物写真を見ることができました。

かなりご立派、あんな山奥にここまでの施設があったなんて・・

今は男女別の二つの湯舟が当時の温泉施設の名残として残っていますね。

林道はこんな感じでフラット、乗用車でも全然問題なし
IMG_2826


ところどころにコンクリートの古い土留擁壁が
IMG_2825
この道がただの林道ではなく、当時は宿と国道を結ぶ生活道路でもあった証ですね


温泉まで1km地点まで来ました
IMG_2828

IMG_2827


さらに進んで~
IMG_2829


分岐を右側に行けば温泉
IMG_2832



真っすぐ方向は廃道化してますが、10年ほど前は峠林道を越えて川北の市街地方面へ抜けれたんですけどね~
IMG_2830


クマ看板もなんだか物々しさをかもしだしてます
IMG_2831


この分岐からは温泉まで残り200mほど
IMG_2833


そしていよいよ到着!
01

平日だからお客さんいないかな?

なんて淡い期待をしていましたがバッチリ先客さんいらっしゃいました。

誰もいなかったら湯舟の写真も撮って行こう~

と思ってましたがまた次の機会ですね、雪が降る前にまた来よう



もしよろしかったら押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村



人気ブログランキング



総合釣り情報サイト

魚速報
google-site-verification: googledf8960435a96a361.html
プロフィール

北海道の東側で広く浅く色々な趣味を楽しんでいます。
どちらかというと屋内よりも屋外、アウトドア派です。

お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。
  • ライブドアブログ