北海道の東方から

道東をメインにちょっとドライブやツーリング 魚釣りなんかを素人写真で日記的に書いていければと

自然

野生のウサギはカンガルーみたい?

先日のシュンクシタカラ湖釣行の道中、山奥なので鹿やキツネなどの野生動物に沢山遭遇しました。

そんな中あまり見かけない動物も
IMG_2470
野ウサギ!冬は真っ白な毛色ですが今時期は茶色なんですね~

サイズも猫より一回り大きいくらい!脚がガッシリ!

帰ってこの写真を妻に見せたらパッと見て一言「カンガルー?」

まあ・・・遠目で見たらそう見えないことも・・ないかな?

山奥で人間なんてあまり見かけないのかノッソノッソ歩いて藪の中へ消えていきました

そんな山奥ドライブの帰り道、ちょっとボウズ逃れでここへ
IMG_2503


近くによるとマイナスイオンが~、でもこの日はちょっと寒いくらい
IMG_2505


小さなニジマスに遊んでもらって一応釣果あり!?ってことで
IMG_2504

秘境湖へ再び・シュンクシタカラ湖へ釣行ドライブ

日本で一番最後に、しかも人工衛星で発見されたという秘境湖・シュンクシタカラ湖

最初の入り口から携帯電話の電波がない林道を延々20数キロ進んだ最奥の湖です。

昨春にバイクで、秋にはジムニーで釣行に訪れました。

ニジマスがいるという話だったのですが、一度だけかかった魚はドラグ出しっぱなしでシュガーミノーのフックをのばし姿を見せてはくれませんでした・・・

その時再訪を心に決め冬を越した今春

やってきました唯一通行できるオロエンナイ林道経由で
IMG_2475

この交差点で行程の半分は来ていますがここから気が抜けません!
IMG_2476

うわ~、去年より落石多いし大きい
IMG_2478
石の形も鋭利なのでゆっくりゆっくり通過します


その先の土砂崩れポイントも土の量が多くなってる
IMG_2481


一応4Lに入れて乗り越えます!腹下ゴリゴリ擦ってしまいましたが難なく通過
IMG_2479


そうしてクネクネ降りて登ってたどり着きました~!
IMG_2482


しかし雨降り・・・小降りになるまで小休止です
IMG_2484


さあいよいよ昨秋のリベンジ釣行!
IMG_2486
しかし2時間頑張るも一回30cmくらいの魚の追いがあっただけ・・・

今回改めて底を探ってみましたが深いですね~

21gのチヌーク、ラインフリーで落として20秒経っても底につかない!

ぬし的な魚がいそうな雰囲気なんだけどもなぁ

誰かどかしてくれてないかな?と湖周遊道路を移動するも
IMG_2489
やっぱりそのままですよね~、奥へは車で行けません

ここで残り時間的に帰路につきました。

今回も釣果はありませんでしたが林道来れるうちにまた再訪してみたいと思います。

帰り道も改めてみると割れ石凄いな・・・
IMG_2492


そして帰り際オロエンナイ林道名物?コークスクリュー
IMG_2498
ラリーカーならずっとお尻フリフリでクリアですね

激流河川の上に不思議な籠が・・・

フラッとドライブしていると面白そうな道を発見することがあるもので

この日も川の近くまで行ける道とか良い釣り場ないかな~と車を走らせていると
IMG_2459
ありましたありました山道的な道路、方向的には川の方に向かっています

しばらく進むと開けた場所に到着、そこに不思議な施設が・・・IMG_2461


川の上をワイヤーで対岸と結んで人が乗るのかな?籠みたいな物がぶら下がっています。
IMG_2462


だけど対岸は崖!向こうに到着したとしても行き場がありません
IMG_2464


向こう側崖のワイヤー支えている基礎、これもどうやって施工したんだろ!?
IMG_2463
かなり切立った崖の中腹、下は深く激しい流れで上はず~っと急傾斜面です・・・


どうやらこれは北海道電力の河川流量計測所のようですね
IMG_2466
昭和55年に設置ってことはちょうど40年前に造られた施設なんですね~

あの籠に人が乗って川の上で観測するのかな?

「危険!」や「立入禁止!」の文字があるので遠巻きにズーム撮影でした

少し歩いて下流側で釣りしましたが小さなニジマスを目の前でバラして終わり・・
IMG_2468
また日を改めてリベンジ釣行に来たいと思います

エゾシカ強い!車vs鹿、鹿の勝利多し

春になって畑の牧草が青々としてくるこれからの季節、あいつらもそれを狙ってやってくる・・・
IMG_0826
エゾシカです。見た目はめんこいんですけどね~

昔に比べて増えた鹿達による牧草地や森林の食害も問題になっていますね

冬に野付半島や走古丹へ行ってみるとその数に驚くでしょう


IMG_0307

真ん中道路
IMG_0305


IMG_0303

そりゃあこれだけいれば食べる量も半端でないですよね

そしてこの鹿たちがちょくちょく道路に飛び出してきます!
IMG_0225
こんなゴツイのがいきなり横から!

こんなのと乗用車でぶつかってしまうと・・・
IMG_0226
車はラジエーターまで破損して白煙吐いても、鹿は意外とへっちゃらで

「なにか?」みたいな顔で走り去って行ったりします

明け方や夕暮れの視界が悪いときは見つけずらいのもあってけっこう危ない!

通勤最中、牧草地に鹿の群れ・道路飛出しに遭遇するようになってきたのでこれから要注意ですね

伊能忠敬測量隊・到達最東端の地

まだ雪があるころにドライブして辿り着いた別海町・本別海地区

ここの一角にとある碑が建てられています。
IMG_2236
伊能忠敬測量隊・到達最東端記念柱

私も20代の約10年間は測量会社に勤めていたので、江戸時代にあれだけの地図を作製した伊能忠敬の凄さを実感したものでした。
IMG_2237

IMG_2239


齢50を過ぎてから天体観測や測量といった分野を学ぶという向上心

日本全国を回って測量・地図作成をする行動力・・・測量界の偉人ですね
IMG_2238

そんな伊能忠敬が訪れた最東端の地がこの場所だとは・・・ここの当時の地名は「ニシベツ」

「ニシベツ献上鮭」ならもしかしたら聞いたことある人いるかも?

この辺で獲れる鮭は味が良くて、北海道の東端からわざわざ徳川幕府へ献上されていたそうです。

自然豊かな場所でこの碑の写真を撮っている10分少々の間にオジロワシや
IMG_2248

エゾシカなんかも往来していました
IMG_2241

意外とこの自然は伊能忠敬が訪れた当時とあまり変わっていないのかな?

と思うほど野生動物の姿が多いところです。

彼の見た景色を自分も見ていると思うとちょっと胸が熱くなりますね



もしよろしかったら押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村



人気ブログランキング



総合釣り情報サイト

魚速報
google-site-verification: googledf8960435a96a361.html
プロフィール

北海道の東側で広く浅く色々な趣味を楽しんでいます。
どちらかというと屋内よりも屋外、アウトドア派です。

お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。
  • ライブドアブログ