北海道の東方から

道東をメインにちょっとドライブやツーリング 魚釣りなんかを素人写真で日記的に書いていければと

自然

冬でも動物王国・釧路湿原

今日は快晴で比較的寒さの緩い休日

なので今回もちょっと竿を片手に川へ行ってみようかな?と

前回とは違うルートで入釣を試みようと現地へ

ところが・・・
IMG_4316
道道の入り口で通行止め!

反対側はどうかな?と開発局の道路情報を見てみるも
111111
(画像・北海道開発局より)反対側も道道入り口から通行止め・・・

この冬は道道1060号線は1月7日~4月9日(予定)の間全線通行止めなんですね

去年までは冬の釣りやSL冬の湿原号の雄姿を見に行くのに良い道だったのになぁ

しかたない前回釣行と同じ場所に行きましょう~

快晴だった天気も怪しい雲行きに
IMG_4332
なんだかちょっと禍々しいな・・・

そんな雰囲気のせいか寒さのせいか、まあ腕のせいなんですが魚からの応答はなく

釣れもしないので川のせせらぎのみの静かな世界、う~ん大自然だなぁ

すると近めの場所から「コンコンコン、コンコン!」と木をつつく音が聞こえ始めました。

どこだどこだ?と竿からデジカメに持ち替えてキョロキョロ
IMG_4323
いたいたアカゲラ、一生懸命木をつついています「コンコンコン、コンコンコン!」

周りが静かなので凄く響き渡りますね~

今度は竿ではなく片手にカメラなので視線を川面から周囲へ

ちょっと奥の川べりをツルが散歩してました
IMG_4329


今度は全然反対側から鳴き声と羽ばたく音!
IMG_4334
やったぜ方向はバッチリ!ピントは手前の枝にバッチリ

いつもこんな感じです、数打てば当たる戦法

羽ばたいた鶴が鹿たちの横に着地
IMG_4335
鹿もえ?なになに?みたいな

鹿は鹿で食べるのに一生懸命
IMG_4346
冬は食べ物がね・・・ちょっとした雪の隙間から食べられる草木をモシャモシャと

鶴は水中から何かついばんで食べてます
IMG_4345
大丈夫なんだろうけど冬の川に素足って見てるだけで寒い

帰り際に三兄弟なのか息の合った鹿が
IMG_4350
三頭でどこみてるの・・・

「お~い」と呼んでみると
IMG_4351
ビシ!っと同時にこっち向き・笑

なんだかウインク?までしてサービス精神旺盛ですね、また来ますよ
IMG_4353
こんな調子で魚にも相手してもらえたらな~、と思いつつ今日は帰路に就くのでした。

白樺にカバノアナタケ、癌に効くといわれていた真相やいかに?

最近の寒さにめっきり休日も家でのんびりな日々

パソコン内に保存してある写真を見返していたら、こんなものまで撮っていたんだ?って写真が

白樺になっている?というのか付着しているというのか
IMG_3242


黒い塊のようなもの「カバノアナタケ」
IMG_3243


ぱっと見は黑くてゴツゴツしていて炭っぽい?
IMG_4122


釣り歩きしながらこんなモノも写真に撮っていたんですね
IMG_4123


今から20年ほど前でしょうか、地元界隈でけっこうなブームになった事がありました
IMG_4121
今でも採っている人もいるのかな?

このカケラを煎じてお茶のようにして飲むと癌に効くという話で(本当なのかな?)

当時はなかなかとんでもない価格でやり取りされていたようです。

噂なので本当なのか怪しいですがそれで重機買ったとかちょっとした御殿建ったとか?

今さら気になって検索してみたら一応効用はあるっぽいような記事もあったりして

ウィキペディアには「幻のきのこ」「森のダイヤモンド」なんて記述も

確かに最近あまり見かけないかも、そんな珍しいものなのか・・・

でも「白樺のガン」とも呼ばれ、これがくっついている白樺は腐食してしまうみたいです

あまり見かけなくなったような気がするのは白樺林が健康になっているって事なのかな~

道東・タンチョウ鶴の楽園

前にも写真載せましたが11月に釧路方面の湿原河川へ釣りにお出かけした時
IMG_3920
道路上を悠々と歩き回る二羽のタンチョウ鶴

大正時代には絶滅したといわれていたタンチョウも保護活動などでだいぶ増えましたね
IMG_3924
道路わきの畑には落ちているコーンなどを食べている鶴の群れ、よく見かける光景です

とある農家さんではこんな光景も
IMG_1093
敷地内で鶴の親子が行き来してます、鶴の幼鳥めんこい

牛の餌場で一緒にお食事しちゃう鶴
06
ここだけではなくて道東の各地域で見られる光景だとか

個体数が増えて人間との距離も近くなってきてしまいましたね~

今月の釣行の時も
IMG_4112
ちょっとした山道ですが四羽がテクテクと 道路は動物も歩きやすいですしね

距離をとりながらゆっくり車で進んで行くと
IMG_4125
あれ、羽が落ちてる

これがタンチョウ鶴の羽か~
IMG_4127
けっこうフワフワしているんですね

またお出かけしたらどこかで出会うでしょうタンチョウ鶴

釧路川に残る珍し廃橋

和琴半島で釣りの雰囲気を味わった私

ミンクもいなくなってしまったのでさてさてどうしようか・・・

以前古い航空写真を見ていて気になった場所に行ってみようかな?

と現地へ、初冬ですっかり枯れているはずですが藪が深いですね~
IMG_4034
大型貨物通行禁止・重量5トン以下までの標識が

こんなところに廃橋がありました!初めて来たな~
IMG_4025
古い航空写真では現役道路としてはっきり道が続いていました。

初めて見るタイプの橋、橋の両側にH鋼渡して欄干も兼ねているのかな?
IMG_4030


床は木製、腐って抜け落ちていますね・・・
IMG_4026


木製の床に根を張って植物が育ってる
IMG_4027
自然に還っていく、いかにも廃橋ですね


空いた穴からは川の流れが見えますね、危険危険!
IMG_4029
危なくて絶対に乗れません!

橋の名前は「美農里橋」竣工年月は反対側か・・・今度また反対側から見に行ってみよう
IMG_4028


河原に降りてみると
IMG_4032
途中に橋台なしで一発で対岸までかかっているんですね~

両側のH鋼だけで強度出しているんだ?でもちょっと距離長いな、当時の車でも渡るの怖いかも

この路線が現役だった頃を想像しながら帰路へついたのでした~

晩秋の路上は野生動物で大賑わい

10月末、知床峠が積雪20cmという話題で焦った私
IMG_3904
翌日すぐ車のタイヤを夏タイヤからスタッドレスタイヤへ交換しました。

これでいつ雪降っても路面が凍っても大丈夫

しかしここから数日それほど冷え込まないまま休日に・・・

天気も晴れてポカポカしているのでちょっと遠目の湿原河川へ様子見に行ってみますか

なんて車を走らせると
IMG_3924
牛のエサになるコーンを植えていた畑、刈り取った後は鶴やら白鳥やらで賑わいますよね~

コーンがけっこう落ちているんでしょうね、この畑では鶴が地面をつついて食べています。
IMG_3923
親子鶴かな?ツガイと幼鳥、幼鳥は頭から首まで色がまだついていませんね

このタンチョウ鶴、一時絶滅の危機だったんですが今はけっこう増えました。

なのでこんなコーン畑の横にある道路を通っていると
IMG_3920
普通に道路上をテクテク歩いていたりします

車で近付いてもなかなか逃げてくれません

近くだと大きいしちょっと怖い

そんな鶴たちの横を通り抜けて湿原地帯にさしかかると
IMG_3925
路上をモフモフモフって音が聞こえそうな小走りでタヌキがちょろまかしてます

すっかり冬毛でモコモコですね~、いかにもタヌキってシルエット

そうして川辺に着くと今度は鹿がこちらをジーっと見てます
IMG_3926
おしりから物がポロポロポロっとこぼれ落ちましたが微動だにしませんね

このエゾシカもこんな藪の中にいるんならいいんですが

この時期鹿ロケット?鹿ミサイル?がよく路上に向かって放たれるのでヒヤっとします
IMG_0225
去年の写真ですがこんなサイズのヤツが飛んで来たらジムニーではひとたまりもない・・・

先月会社の人の乗用車にも命中したらしく廃車にこないだニュー通勤車で出社してました。

路外で写真のモデルになってくれるくらいで留めておいてほしいものですね~



もしよろしかったら押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

魚速報
総合釣り情報サイト


FC2ブログランキング
プロフィール

北海道の東側で広く浅く色々な趣味を楽しんでいます。
どちらかというと屋内よりも屋外、アウトドア派です。

お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。
  • ライブドアブログ