北海道の東方から

道東をメインにちょっとドライブやツーリング 魚釣りなんかを素人写真で日記的に書いていければと

ジムニー

林道に湧き出る名水・三十三冷泉(小清水町)

雨降りの翌日の休日、気温もちょっと上がってバイクに乗るのも良いかな?

と思うも私のブロンコはまだちょっと修理中・・・

なので今回もジムニーに乗り込んで昔の記憶をたよりに林道ドライブへ出かけてみます

峠を越えてオホーツク方面へやってきました。
IMG_2554


野上林道からダートドライブスタート!
IMG_2555
毎度オホーツク方面の林道看板は絵心があって楽しませてくれます

看板が現れるたびに止まって見てしまう

今回は林道にある湧き水を目当てに来たんですが、なんて名前の湧水だったかな~・・・

なんて考えながら走っていたらちょうど看板が現れました!
IMG_2558


「三十三冷水」!そうそうそんな名前だったかも!?
IMG_2559
看板方向へ進んでみます


そうして間もなく発見!
IMG_2562
実は最初気付かず通り過ぎて林道二週目です

「三十三冷泉」の看板も黒ずんでちょっとわかりずらかった~
IMG_2563


めちゃめちゃ水湧いています
IMG_2565


小清水町が毎年水質検査を実施しているんですね~
IMG_2566
林道看板は「三十三冷水」でしたが「三十三冷泉」が正式名称みたいですね。

飲んでみましたがやっぱり水道水とは違いますね、美味しい気がする!

カーナビでの計測なのでそこまで正確ではないかもしれませんが
IMG_2567
北緯43°44.622`
東経144°27.434`

国土地理院の地形図だとこの辺かな?
三十三冷泉
印を入れてみました。

湧き水も飲んで満足したので林道なりに出口に向かってみます。
IMG_2560
途中にあった看板、これにもカワイイ絵柄が

そんなこんなで出口に着きました。
IMG_2569

IMG_2570
今日も楽しい林道ドライブでした

秘境湖へ再び・シュンクシタカラ湖へ釣行ドライブ

日本で一番最後に、しかも人工衛星で発見されたという秘境湖・シュンクシタカラ湖

最初の入り口から携帯電話の電波がない林道を延々20数キロ進んだ最奥の湖です。

昨春にバイクで、秋にはジムニーで釣行に訪れました。

ニジマスがいるという話だったのですが、一度だけかかった魚はドラグ出しっぱなしでシュガーミノーのフックをのばし姿を見せてはくれませんでした・・・

その時再訪を心に決め冬を越した今春

やってきました唯一通行できるオロエンナイ林道経由で
IMG_2475

この交差点で行程の半分は来ていますがここから気が抜けません!
IMG_2476

うわ~、去年より落石多いし大きい
IMG_2478
石の形も鋭利なのでゆっくりゆっくり通過します


その先の土砂崩れポイントも土の量が多くなってる
IMG_2481


一応4Lに入れて乗り越えます!腹下ゴリゴリ擦ってしまいましたが難なく通過
IMG_2479


そうしてクネクネ降りて登ってたどり着きました~!
IMG_2482


しかし雨降り・・・小降りになるまで小休止です
IMG_2484


さあいよいよ昨秋のリベンジ釣行!
IMG_2486
しかし2時間頑張るも一回30cmくらいの魚の追いがあっただけ・・・

今回改めて底を探ってみましたが深いですね~

21gのチヌーク、ラインフリーで落として20秒経っても底につかない!

ぬし的な魚がいそうな雰囲気なんだけどもなぁ

誰かどかしてくれてないかな?と湖周遊道路を移動するも
IMG_2489
やっぱりそのままですよね~、奥へは車で行けません

ここで残り時間的に帰路につきました。

今回も釣果はありませんでしたが林道来れるうちにまた再訪してみたいと思います。

帰り道も改めてみると割れ石凄いな・・・
IMG_2492


そして帰り際オロエンナイ林道名物?コークスクリュー
IMG_2498
ラリーカーならずっとお尻フリフリでクリアですね

山菜採りからの帰宅ルートが・・無い!?

先月山の中にこもって春の恵みをいただいてきました。IMG_2394
行者ニンニク!数ある山菜の中でも私的には一番美味しいんでないかな?と

この時期は多くの人がこの独特の香りを漂わせている気がします

そこそこ採れたので入り口とは別のところから下山して帰ろう、と思い車を走らせます。IMG_2397
おや?不思議なところに車が停まっている・・

目前の橋、その川で釣りする人はけっこういますがあんなところに駐車しないしなぁ?

橋を過ぎてさらに近づくもう~ん?あそこから山菜取りに入っているのかな?
IMG_2396
そのまま車を走らせますが・・・!

おおーっとなんじゃこりゃ~!!
IMG_2395
道が・・・無い!

水没というより根こそぎ流されてしまった感じです。

春先に大雨と雪解け水が重なって大水になったからな~

それであの車の人こちらに来れないであんなところに駐車してたのか・・・

しかたないので細い道路上でUターン(こんな時は小さな車最高、ジムニー様様です

来た道を戻って帰りました~

”忘れられた道”を行く・・・

購入して読みふけっていた「北海道かくれた風景」「忘れられた道」

春になり雪もだいぶん融けて旧道も走れるようになったかな?

と屈斜路湖で釣れない釣り(上手な人は釣ります)を楽しみつつ思いました。
IMG_2452


気温もまだ低く体も冷えてしまったので、湖を後にして”忘れられた道”に向かってみることにします。

さすが昔の道、自然に還りつつありますねIMG_2458


しばらく進むと標高が上がってきて、日中でも日陰の場所は・・・
IMG_2456
まだ雪が残っていました

さすがにこれだけの量があっては乗り越えていくのは厳しいですね

でも道の跡はまだまだず~っと続いているので向こう側まで行けるのかな?

もう少し期間をおいてまた再訪してみたいと思います。

ジムニーに牽引フックを!レスキューするもされるも自由自在

この冬は道東地方も何度かドカ雪が降りました。

翌日コンビニ駐車場の出入口で除雪しきれていない雪の段差を乗り越えられず立ち往生の乗用車が。

軽自動車ですが流石ジムニー、牽引してレスキュー完了できました

その時はじめてJB23ジムニーの牽引用?フック使ったのですが華奢・・・
IMG_2415
ロープのフックかけてちょっとコーティング剥がれちゃった

よくよく調べるとこれって車両を搬送する時に動かないように固定する用なんですね。

ということでジムニーに新たに牽引フックを取り付けてみる事にしました。

その方がレスキューするのもされるのも安心してできますしね

フックですがメーカー品のアピオ製は一個6000~8000円・・・

フロント左右二個、リア一個の三点セットで5000円くらいの物もありましたが
IMG_2413
私のジムニー、ヒッチメンバーをつけているんです。その左右に一応フック取り付け済み。

ヒッチ自体も取り付けもガッシリしているので大丈夫だとは思うんですが・・・
IMG_2419
まだこのフックで引っ張った事はありませんトレーラーは何度も引っ張りましたが

なのでセット品の牽引フックを購入してもリア用フックが余ってしまいます。

楽天で見てみるとフロント用一個、送料込み3000円の品が!
IMG_2416
色も黒で目立たないし、ボルトナットも当て板もセットなので即購入しました。

取り付けは簡単、車体ステーの上側丸穴二か所と下側の大穴には当て板を当てて計三本のボルトで取り付け
IMG_2431


外側からの取り付け完了写真
IMG_2443
フレームの丸穴からも一体物で強度出るようになってますね

内側からの写真、当て板等の様子がわかります
IMG_2437

これで自分がハマっても大丈夫!かな?



もしよろしかったら押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村



人気ブログランキング



総合釣り情報サイト

魚速報
google-site-verification: googledf8960435a96a361.html
プロフィール

北海道の東側で広く浅く色々な趣味を楽しんでいます。
どちらかというと屋内よりも屋外、アウトドア派です。

お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。
  • ライブドアブログ