北海道の東方から

道東をメインにちょっとドライブやツーリング 魚釣りなんかを素人写真で日記的に書いていければと

エゾシカ

晩秋の路上は野生動物で大賑わい

10月末、知床峠が積雪20cmという話題で焦った私
IMG_3904
翌日すぐ車のタイヤを夏タイヤからスタッドレスタイヤへ交換しました。

これでいつ雪降っても路面が凍っても大丈夫

しかしここから数日それほど冷え込まないまま休日に・・・

天気も晴れてポカポカしているのでちょっと遠目の湿原河川へ様子見に行ってみますか

なんて車を走らせると
IMG_3924
牛のエサになるコーンを植えていた畑、刈り取った後は鶴やら白鳥やらで賑わいますよね~

コーンがけっこう落ちているんでしょうね、この畑では鶴が地面をつついて食べています。
IMG_3923
親子鶴かな?ツガイと幼鳥、幼鳥は頭から首まで色がまだついていませんね

このタンチョウ鶴、一時絶滅の危機だったんですが今はけっこう増えました。

なのでこんなコーン畑の横にある道路を通っていると
IMG_3920
普通に道路上をテクテク歩いていたりします

車で近付いてもなかなか逃げてくれません

近くだと大きいしちょっと怖い

そんな鶴たちの横を通り抜けて湿原地帯にさしかかると
IMG_3925
路上をモフモフモフって音が聞こえそうな小走りでタヌキがちょろまかしてます

すっかり冬毛でモコモコですね~、いかにもタヌキってシルエット

そうして川辺に着くと今度は鹿がこちらをジーっと見てます
IMG_3926
おしりから物がポロポロポロっとこぼれ落ちましたが微動だにしませんね

このエゾシカもこんな藪の中にいるんならいいんですが

この時期鹿ロケット?鹿ミサイル?がよく路上に向かって放たれるのでヒヤっとします
IMG_0225
去年の写真ですがこんなサイズのヤツが飛んで来たらジムニーではひとたまりもない・・・

先月会社の人の乗用車にも命中したらしく廃車にこないだニュー通勤車で出社してました。

路外で写真のモデルになってくれるくらいで留めておいてほしいものですね~

エゾシカ強い!車vs鹿、鹿の勝利多し

春になって畑の牧草が青々としてくるこれからの季節、あいつらもそれを狙ってやってくる・・・
IMG_0826
エゾシカです。見た目はめんこいんですけどね~

昔に比べて増えた鹿達による牧草地や森林の食害も問題になっていますね

冬に野付半島や走古丹へ行ってみるとその数に驚くでしょう


IMG_0307

真ん中道路
IMG_0305


IMG_0303

そりゃあこれだけいれば食べる量も半端でないですよね

そしてこの鹿たちがちょくちょく道路に飛び出してきます!
IMG_0225
こんなゴツイのがいきなり横から!

こんなのと乗用車でぶつかってしまうと・・・
IMG_0226
車はラジエーターまで破損して白煙吐いても、鹿は意外とへっちゃらで

「なにか?」みたいな顔で走り去って行ったりします

明け方や夕暮れの視界が悪いときは見つけずらいのもあってけっこう危ない!

通勤最中、牧草地に鹿の群れ・道路飛出しに遭遇するようになってきたのでこれから要注意ですね

伊能忠敬測量隊・到達最東端の地

まだ雪があるころにドライブして辿り着いた別海町・本別海地区

ここの一角にとある碑が建てられています。
IMG_2236
伊能忠敬測量隊・到達最東端記念柱

私も20代の約10年間は測量会社に勤めていたので、江戸時代にあれだけの地図を作製した伊能忠敬の凄さを実感したものでした。
IMG_2237

IMG_2239


齢50を過ぎてから天体観測や測量といった分野を学ぶという向上心

日本全国を回って測量・地図作成をする行動力・・・測量界の偉人ですね
IMG_2238

そんな伊能忠敬が訪れた最東端の地がこの場所だとは・・・ここの当時の地名は「ニシベツ」

「ニシベツ献上鮭」ならもしかしたら聞いたことある人いるかも?

この辺で獲れる鮭は味が良くて、北海道の東端からわざわざ徳川幕府へ献上されていたそうです。

自然豊かな場所でこの碑の写真を撮っている10分少々の間にオジロワシや
IMG_2248

エゾシカなんかも往来していました
IMG_2241

意外とこの自然は伊能忠敬が訪れた当時とあまり変わっていないのかな?

と思うほど野生動物の姿が多いところです。

彼の見た景色を自分も見ていると思うとちょっと胸が熱くなりますね

寒中魚釣り・新年初フィッシュ!

年も明け湖も氷が張り、釣り好きの方は氷上でワカサギ釣りに勤しんでいたりしますね。

しかし今年は雪の少ない・それほどまでに寒くない冬

まだまだ川でルアー釣りができそう・・・

そんな冬晴れの休日、様子見がてら湿原河川へお出かけしてみます

車を走らせると目的地方面も天気良さそう!もう釣りする気満々です

そうして現地目前
IMG_2003
おや?

エゾシカの一団がお出迎え
IMG_2002
めっちゃこっち見てる

一頭は耳に標識付いていました。
IMG_2006
調査用に付けられたんですね~

目的地到着!
IMG_2008
カヌーの乗降場所にもなっている場所です。

新調した道具でいざ出陣!
InkedIMG_2009 - コピー_LI


いつもはもっと茶色な水の色なんですが、冬は周りの湿地帯も凍って流入する水も少ないのかな?
IMG_2012
意外なほど透き通っている透明度

この日は晴れていることもあるのか冬なのに竿も凍らず快適釣行。

これは別日の写真ですが、寒いとガイドの水滴が凍っていって最後は完ぺきに塞がってしまいます・・・
IMG_2072
PEラインだと含んだ水分とともにライン自体も凍ってしまったり・・・

なのでこのタックルは常にナイロンラインを巻いてあります

そうこうして川床をルアーで探りながら釣り歩いていると~
IMG_2013
やったー釣れてくれましたアメマス!2020年初フィッシュの貴重な一匹!

本当に底ベタベタにいましたね、最初根掛かりしたかと思いました

冬の釣りは底とりの釣り、なんて聞いたりしますがまさしく。

でも入れ違いで川に向かって行った釣り人の竿、チャート色のクランクが付いていたなぁ

あんなルアーも効くのかな・・・今度試してみようかな?

そうして昼過ぎ頃にはチラチラと雪が
IMG_2014
冬は虫の音も何もしない静寂なので、シンシンと積もる雪の音が聞こえる気がします。

魚も釣れたし雪も降ってきたし、丁度よい頃合いで帰りましょう~

鶴の子育て、鷲は休憩

先日の牧草作業のお手伝い

自然との距離が近い農家さんならではの一コマも

すぐ近くでタンチョウツルの親子が散歩している
IMG_1093
鶴の子育ては湿原でってイメージだったんですが・・・


普通に牛舎の中で牛と一緒にエサ食べているし
IMG_1089
牛用飼料の中のコーンでも食べているのかな?


畑で牧草運びしていると鹿は常に周りをウロウロしていますね
IMG_1087
これだけ草あったら鹿も食べ放題かもね


ダンプ走らせながら、あ!鷲じゃない!?休憩中かな?
IMG_1083


手下を三羽ひきつれて飛び立っていきました
1111


・・・本当に仲間だったのかな!? しばらくこの編隊で飛んでいましたね~
2222

見るところが沢山あって(絵的にも仕事的にも)なかなか内容の濃い数日でした



もしよろしかったら押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

魚速報
総合釣り情報サイト


FC2ブログランキング
google-site-verification: googledf8960435a96a361.html
プロフィール

北海道の東側で広く浅く色々な趣味を楽しんでいます。
どちらかというと屋内よりも屋外、アウトドア派です。

お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。
  • ライブドアブログ