北海道の東方から

道東をメインにちょっとドライブやツーリング 魚釣りなんかを素人写真で日記的に書いていければと

ジムニー

静寂の夏の金山スキー場

川北温泉から国道へ復帰

まだ時間があるのでもうちょっと寄り道してみます
IMG_2836


少し斜里方面側に走って金山スキー場に来てみました
IMG_2837


道は細くて荒れ気味ですが一応舗装路です
IMG_2838


そしてこの道はここからすでに林道だったりします
IMG_2840


金山薫別林道
IMG_2839


いくらも走らないで忠類川を横断する橋を渡ります
IMG_2841


たきのはし
IMG_2842


なかなか古い昭和49年11月竣工
IMG_2843


橋の欄干にはこんな看板が
IMG_2846


サクラマスが遡上している忠類川、荒々しいですね~
IMG_2844


橋の名前の通り滝がすぐ近くに
IMG_2845
木陰であまりよく見えないですけどね


橋の上からはサクラマスの姿を多数見ることができます
IMG_2850-1
写真だとイマイチわかりずらいですね


他にもこんな落とし物が
IMG_2855


鹿の角が水中に
IMG_2853


と思ったら岩陰からカモ?がバサバサ!っと水面走りで出て来たり
IMG_2854
う~ん大自然だなぁ


一通り虫類川の景色を堪能したのでいよいよスキー場へ
IMG_2860


おお~夏はこんな風になっているんだ?
IMG_2865
車の跡あるけど、間違って滑って横向きになったら映画並みに転がるべな~・・・


頂上のリフト施設
IMG_2867
あそこまで行くと熊の痕跡が凄いらしいと噂で聞いたことが・汗

冬でもあの場所まで行った事ないです傾斜がキツくて滑り降りられない自信あり

そしてこれだけの傾斜地なんで大雨降ったら土石流の危険が!?
IMG_2858
注意喚起の看板があります。

最初は夏のスキー場に人なんて来るのかな?って思ってましたが

私以外に二台の車の往来が、私みたいなもの好きが他にもいるもんですね

そして金山薫別林道の続きは
IMG_2859
ゲートで通行止め・・・


もう一か所違う林道に行けるルートも
IMG_2864
やはりゲートが閉まっています。

2016年、夏の大型台風3連発の影響でこの辺りの林道も長らく不通ですね・・・

関連建物も夏は静かな装い
IMG_2861

IMG_2868

IMG_2869
次の冬の営業までひと時の休憩

年々降雪量が少なくなっていく道東地方ですが、スキー場界隈だけは景気よく降ってほしいですね

湯舟が残る山奥の温泉宿跡・川北温泉

いや~ここ数日とても蒸し暑かったですね

気温は30℃弱でもこの湿度の高さがあいまって、最道東民の私はグッタリでした・・・

おかげでブログも一週間ほど放置・汗

仕事から帰るとすぐにお風呂に入ってサッパリする日々

湯舟に浸かっていると温泉に行きたいな~とぼんやり妄想・・・

そんな入りに行きたい温泉、ちょっとした山奥の無料露天風呂「川北温泉」(標津町)
IMG_2822


標津町の市街地から国道244号線を斜里町方面へ
IMG_2821
金山スキー場の数キロ手前、左手に入っていける林道奥にあります。


林道なので冬は降雪で閉めてしまうゲート
IMG_2823

IMG_2824
ふむふむ、キャンプはダメなのね・・・熊は怖いもね・・・

この川北温泉、昔は温泉宿があったらしく調べると昭和24年頃の建物写真を見ることができました。

かなりご立派、あんな山奥にここまでの施設があったなんて・・

今は男女別の二つの湯舟が当時の温泉施設の名残として残っていますね。

林道はこんな感じでフラット、乗用車でも全然問題なし
IMG_2826


ところどころにコンクリートの古い土留擁壁が
IMG_2825
この道がただの林道ではなく、当時は宿と国道を結ぶ生活道路でもあった証ですね


温泉まで1km地点まで来ました
IMG_2828

IMG_2827


さらに進んで~
IMG_2829


分岐を右側に行けば温泉
IMG_2832



真っすぐ方向は廃道化してますが、10年ほど前は峠林道を越えて川北の市街地方面へ抜けれたんですけどね~
IMG_2830


クマ看板もなんだか物々しさをかもしだしてます
IMG_2831


この分岐からは温泉まで残り200mほど
IMG_2833


そしていよいよ到着!
IMG_2834-01
平日だからお客さんいないかな?

なんて淡い期待をしていましたがバッチリ先客さんいらっしゃいました。

誰もいなかったら湯舟の写真も撮って行こう~

と思ってましたがまた次の機会ですね、雪が降る前にまた来よう

ジムニーJB23、DIYで収納を追加!

私の愛車、スズキ・ジムニーJB23型
IMG_2441
通勤や趣味(釣り)車として海に山に川に活躍してくれています

釣り道具などを積んだりしているので車内はちょこちょこDIYで収納などを追加。

今回新たに簡易的な棚のようなものを追加したのでその様子を

後ろのドアゲートを開けるとこのような感じになっています。
IMG_2996
大きめのバッカンに胴長と長靴を収納

5リットルのポリタンクに水道水を持ち歩いて、海での釣行後にはルアーや竿リールを洗い流します。

海水が付いたままだとけっこうサビてしまうので

リアコーナーのシートベルトが出ている隙間に100円ショップで購入したメッシュ小物入れを
IMG_2981
右側は革手・軍手入れに

左側は洗車用の雑巾等を。メッシュなので通気が良く乾きも良いです。
IMG_2982


そして上部にはカーメイトのロッドホルダー、ZR301(302だったかな?)を取り付け
IMG_2995
(今は型式が変わってIF1っていう品物みたいです)


このロッドホルダーは後部座席のアシストグリップのネジ穴を利用して鉄パイプを強固に固定
IMG_2984
なのでこのパイプを利用して色々増設ができるのが良いです


まずティッシュをゴムバンドで固定、100円ショップの網と棒を結束バンドで固定して棚を作成
IMG_2985
棚は衣類などの軽量物しか置かないので強度はさほど無いです。

重量物を上部において頭上から落ちてきても危ないので

棒も最初はツッパリ棒を長さ調整して使っていましたが、内部の部品が振動でカシャカシャ煩くて・・・

林道なんて走ったら振動しっぱなしなので音が止むことがなく

新たに適度な長さの棒をまた100均で二本見つけて取り替えました。

カシャカシャ音が無くなって快適です

右側には釣り用のチョッキやカッパをハンガーにかけてあります。
IMG_2986
右後ろの窓は目視で使用しないので隠れてもいいかなと・・・


そしてそのチョッキ類とガラスの間の隙間に今回棚的なものを増設
IMG_2987


ここも帽子なんかの軽い物しか置かないので超簡易作成です
IMG_2992
棒とトレーは毎度おなじみ100均で購入

棒はのれん用だったかな?自由に伸縮するタイプ
IMG_2991
それをロッドホルダーのパイプに結束バンドで吊り下げ固定


下側はチェック柄の小物入れと内装の隙間に伸ばして差し込み固定
IMG_2990
まあこれで大丈夫でしょう、ダメだったらまた改良します。


その棒にトレーをまたまた結束バンドで固定
IMG_2993


こんな感じで帽子や薄手のジャンバー、シャカシャカズボン等をのせています。
IMG_2994
重ねて置いていた物が今度は帽子だけ、ジャンバーだけ、と一品ずつ出し入れしやすくなりました

なんだかキャンピングカーでもないのに棚っぽい物が増えていくなぁ・・・

またなんか思いついたら作ってみようと思います~

湖畔林道から旧美幌峠へ

ジムニーで屈斜路湖畔林道ドライブは続きます~

しばらく進むと昔の枝道が
IMG_2690

IMG_2691
モコト山林道!20年前くらいにバイクでここから藻琴峠にぬけたことがあります。

今は荒れ果てているな~、でも奥の方はまだ道路の雰囲気のこっているなぁ・・?
IMG_2692
また今度

まだまだ湖沿い進みますよ~
IMG_2693
一か所だけ山側から水が湧いていて道路がグチャグチャに・・・

あんまり汚れないようにゆっくりゆっくり

さらに進むとこの辺りから少し湖畔を離れて森林林道になります
IMG_2694
湖を眺めながらドライブできるのはここまで

途中何か所か小川が湖に流れ込んでいます
IMG_2698
この沢を下って湖まで行ったりしますが、夏はヒンヤリ涼しくて戻りたくなくなる時も

そんなこんなで林道も終盤にさしかかった頃、ふと右側に枝道が

これって・・・辿ってみます!
IMG_2700
枝や倒木があったりしましたがしっかりした道路

標高もグングン上がっていきます、これはやっぱり!?

車で行けるのはここまでか
IMG_2701


藪になってしまってますが道路の路体は続いていますね~
IMG_2702


カシミール3Dでこの枝道のログを表示
美幌峠
国土地理院の古い航空写真(昭和52年)でも確認しましたが、これは旧美幌峠ですね~

20年以上の間、何度となくこの湖畔林道を通ってきましたがこの日初めて気が付いた

現美幌峠の頂上付近、ヘアピンカーブのところにも取り付け道路みたいになって痕跡ありますよね。

林道側は気が付かなかったなぁ、バイクだと走るのに一生懸命で回り見えてないってことかな~?

バイクか歩きで全線通ってみたいですね、課題が増えました

湖畔林道に戻って美幌峠側出入口
IMG_2704

IMG_2705
19キロ、いい林道ドライブでした

国道と合流
IMG_2707


ここにはこんな標柱も
IMG_2706
「天然林施業指標林入口」「弟子屈営林署」かな?

あぁ~満足したー、さて帰ろう!
IMG_2710
と思ったけどもう少し、天然トンネル林道「札友内林道」へ寄り道

今日は私にしてはよく走りました、また今度林道ドライブへ出かけよう~

元屈斜路湖一周道路は湖畔林道へ

サワンチサップ地区から川湯温泉街を抜けて屈斜路湖畔林道へ向かいます

途中アメマス川の様子をみてみたり
IMG_2659
見事なストレート河川ですね~、昔の改修河川なんでしょうけど・・・

昔晩秋にこの川の河口でアメマス爆釣したのは良い思い出
IMG_2661
またその釣りがしたくて通った事ありましたがあれ一回きりだったなぁ

タイミングなのかな~

そして道道102号線を小清水峠に向かってP帯を過ぎたあたり
IMG_2662
林道入り口へ

さあここからはロング林道、気を引き締めていきます
IMG_2663


最初は野上峠林道ですね
IMG_2664
山の中を右に左に~

しばらく走ると屈斜路湖の湖畔に到着
IMG_2666


右側が林道本線
IMG_2667


ここからは屈斜路湖畔林道になります
IMG_2674


そしてその反対側は・・・
IMG_2670


ここがサワンチサップから伸びている旧道の終着地点
IMG_2671
盛り土がされて車両は通れなくなっています

左側の切り土法面や、笹原ながら道路の線形がなんとなくわかります
IMG_2672
当時はここまでつながっていたんだな~

ここ湖畔林道の始まり地点には看板も数枚
IMG_2668
釣り人はキャッチ&リリースを心がけましょう

当然ゴミは持ち帰りましょう

こんな看板も
IMG_2669
阿寒湖のマリモのように屈斜路湖にはマリゴケなるものがあるんですね~

数年前に友人とこの周辺で釣りをしていたら
IMG_20180502_101134


水面をプカプカ漂うモノが すくってみると・・・
IMG_20180502_101947
この時は知らなかったんですが、まさしくこれが「マリゴケ」なんでしょうね

なんかマリモのバッタもんみたいのあるんだな~と思ってました正式名称があったとは

さてここからはしばらく湖畔沿いを通る癒しの林道
IMG_2677


一か所だけ木々が途切れて湖を一望できる場所も
IMG_2681

IMG_2684


まだまだ林道は続きます(さっき看板に19kmって書いてあったなぁ
IMG_2687
釣り人の車やバイクで楽しんでいるライダーも通るのでのんびり気を付けていきましょう~

もうちょっと続く



もしよろしかったら押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村



人気ブログランキング



総合釣り情報サイト

魚速報
google-site-verification: googledf8960435a96a361.html
プロフィール

北海道の東側で広く浅く色々な趣味を楽しんでいます。
どちらかというと屋内よりも屋外、アウトドア派です。

お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。
  • ライブドアブログ