北海道の東方から

道東をメインにちょっとドライブやツーリング 魚釣りなんかを素人写真で日記的に書いていければと

ソレル

冬の湿原河川釣行

2月に入って連日のように札幌方面の大雪、交通マヒのニュース

同じ北海道ながら道東地方はそれなりに降雪はあるものの生活に支障はなく

そんなんでチラっと地元湿原河川に雪上釣りウォーキングへ

さすがに2月は寒さで川も岸付近の水面は氷ってますね
IMG_6164


ルアーがカラカラと音をたてて滑って行きます
IMG_6163


そんな厳しい季節ですが同じような人はけっこういるようで
IMG_6165
川岸沿いは釣り人の歩いた沢山の足跡

雪が積もってすぐに来た人はスノーシューで先陣をきった跡が
IMG_6170


そんな人達の踏み跡が固まってこの日は防寒ブーツだけで歩ける
IMG_6171
ありがたいですね~

そして岸際が雪で覆われている冬ならでは
IMG_6169
バシバシ対岸の雪にルアー当ててそのままポイントへ垂直着水

低水温時や低活性で魚が底付近にいる時に効果てきめんと噂の
IMG_6168
スミス・ボトムノックスイマーも初めて使ってみました!

が、なんとなく相性があわないかもお蔵入りかなぁ・・・

最終的に魚の姿は見ることができず
IMG_6173
カラス貝を一匹釣りあげてこの日の釣行は終了でした

ソレル(SOREL)定番の冬用アウトドアブーツ

北海道の冬、外作業での効率やアウトドアレジャーでの楽しさは防寒対策によってかなり違ってきます。

寒さに震えていては作業も進まないし、楽しいはずのレジャーも苦痛になりかねない・・・

ウェア類は年々温かく安価な物が増えてきていますね、ありがたいです

靴もその傾向にありますが、私は20年以上カナダのソレルという防寒ブーツを愛用しています。
IMG_2106
ソレルのカリブー(皮タイプ)モデル

20歳の頃スノーモービルに乗り始めて、当時は防寒のライディングシューズ等はなく・・・

車両を購入したお店にあったこのソレル・カリブーを一緒に購入

その当時で「ソレルていったら防寒靴の老舗だよ!」って言葉に即決しました。

シロクマのロゴマークもなんとなく良い感じですよね?

耐寒温度-40℃ ちょっとした渡河なら浸水しない防水性

インナー取り外し可能で洗ったり、ヘタってきたらインナーだけ取り替えて使用可能

外皮はとても頑丈で初代購入靴は10年以上愛用、靴底がすり減って穴があいたので写真の二代目購入です
IMG_2107
メーカーソレルの創業は1962年、代表作のカリブーは1972年販売開始(私より年上だった

私が初購入して20年以上経ちますがほぼ形状はかわらず本当のスタンダードモデルですね。
IMG_2103
体調的な理由でスノーモービルは引退しましたが、冬の魚釣りやちょっとした写真撮影

今でも大活躍です、一度使うと手放せない一足になりました。

また靴底に穴があいたら三代目の冬靴もカリブーを購入したいと思います。



もしよろしかったら押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村


人気ブログランキング


FC2ブログランキング







記事検索
プロフィール

北海道の東側で広く浅く色々な趣味を楽しんでいます。
どちらかというと屋内よりも屋外、アウトドア派です。

お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。
  • ライブドアブログ