北海道の東方から

道東をメインにちょっとドライブやツーリング 魚釣りなんかを素人写真で日記的に書いていければと

タイヤ

ジムニータイヤ交換!燃費は小悪化・・・

5月に入り寒い日が続いたものの、平地では雪が積もる事はなくなりました。

山間の峠道ライブカメラでは一面真っ白な景色を今でも見る事ができますが

そこでいよいよ愛車のジムニーもスタッドレスタイヤから夏タイヤへ交換してしまいます
IMG_4715
はい!交換終了!また作業の写真撮り忘れた・・・

今回のタイヤはブリジストンのデューラーAT
IMG_4716
実は去年秋の道北・函岳へ林道遠征に行ったときにパンクして

その時履いていたダンロップのAT3はもうけっこう減っていたのでこのタイヤに交換したのでした。
IMG_4718
サイズも175/80R16の純正サイズ、色々比較しやすいしスペアタイヤも使えるし無難かなと

パターンはこんな感じです
IMG_4717
ATタイヤにしてはそこそこ荒々しい感じで泥路面とかもある程度グリップしてくれそう

去年このタイヤで冬のスタッドレスタイヤ時期まで数か月過ごしました。

タイヤ本体、というよりサイドウォールがAT3より肉厚でその分重い感じ?

ゴム厚がある分剛性があるのかカーブは少しカチっとした感じ、舗装の継ぎ目は乗り心地悪くなったかも

(あくまでAT3と比較しての私個人の感想なので人によって感じ方は違うと思います)

ただ数字で違いが表れたのが燃費でした。

AT3だと丁寧に乗ればリッター13kmは超えていたのですが、デューラーATだとどう頑張ってもリッター13kmの壁を超えられません。

ほぼ同じ条件の経路や時間や季節でもです。

タイヤパターンもあるかもしれませんがタイヤ重量の差がやっぱり大きいのかな?

その分荒地や林道へ踏み込む時はタイヤゴムに厚みがあるのは安心材料ですよね

今年はこの春から冬前までこのタイヤで色々走り回ってみようと思います

春はタイヤ交換の季節・燃費等タイヤの私的考察

北海道も春になり、スタッドレスタイヤから夏タイヤへ交換の季節ですね

スタッドレスタイヤだと乗り心地もちょっと腰砕け感あったりするので、夏タイヤが楽しみの人も多いはず

私も以前はそうでしたが、年を重ねた今ではスタッドレスの段差や継ぎ目に優しい乗り心地が意外と好きだったりします

夏タイヤもホイールの見栄え重視ならインチアップして薄いタイヤを履くのですが

ここ10年くらいの私の車は純正サイズか、むしろインチダウンして扁平率の高いタイヤを履いていたり・・・
0001
タウンエースノアの時は195/65/15サイズのタイヤ

195がタイヤ幅195mm 
65が扁平率(タイヤ幅195mmの65% 約127mmのタイヤ厚ですね)
15がホイールの直径15インチ、なので径約380mmです

ハイラックスサーフの時
0002
265/70/16の純正サイズ

フォレスターの時
15.08.23稚内29
205/70/15の純正で一番扁平率高いサイズ

ジムニー
IMG_0138
175/80/16 純正サイズですがついに扁平率80%

段差や継ぎ目越える時のクッション性、轍へのハンドルとられ具合など乗り心地はやっぱりいいです

また古めの中古車を乗る事が多いので、衝撃少ない方が足回りのブッシュや車体事態にも優しいのかな?と

そしていくらホイールがアルミで軽量級の金属でも、やはりゴムの方が軽いので

ホイールを小さめ、タイヤを大きめにした方が回転物の重量が軽くなって燃費も良いです。
(フォレスターで実験、ただ値段の良い超軽量の大径ホイールとかだと違うんでしょうけどね

ただタイヤ部分が厚くなるとカーブや交差点でタワミやすくなるので、腰砕け・グニャグニャ感はあるかもしれません。

そうならないようにラインのとり方、アクセル・ブレーキに気を使って丁寧運転を心がけていますが、

そうするとタイヤの減りもブレーキパッドの減りも遅くなるんですよね

余計な減速・加速も少なくなるので結果さらに燃費も伸びるという

あれ?ケチくさい運転かな?って思ったことありました。

が車の揺れも少ない運転になるので、同乗者も車酔いしなく車に優しい・人に優しい運転という事で結果オーライかな



もしよろしかったら押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村


人気ブログランキング


FC2ブログランキング
記事検索
プロフィール

北海道の東側で広く浅く色々な趣味を楽しんでいます。
どちらかというと屋内よりも屋外、アウトドア派です。

お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。
  • ライブドアブログ