北海道の東方から

道東をメインにちょっとドライブやツーリング 魚釣りなんかを素人写真で日記的に書いていければと

ニジマス

道東河川・秋の良釣行の季節到来

9月も後半になって日も短く、朝晩も冷え込むようになってきた道東地方。

この季節になると河川の岸際も草木が枯れてきて釣り歩きがしやすくなってきますね。

日中でも羽虫の数が少なくなって釣行しやすい季節

私アブやブヨ、蚊に刺されると体質的に腫れる方なのでありがたい時期です

そんなとある日、仕事が比較的早めに終わって日没までにちょっと釣り歩きできるかな?

と地元の近場の河川へ仕事帰りフィッシングに繰り出しました。
IMG_3598
最近は初心に帰ってクルセイダーを多用したりして・・・

今は最初からシングルフック仕様のモノも売ってるんですね~

ひとしきりやって反応無いのでルアーをサイズダウン
IMG_3599
またクルセイダー激アツ10g

鉄板が分厚てもクルセイダーなら止水みたいな場所でゆっくり巻いても泳いでくれる

楽ちんです
IMG_3602
小さいけどアメマス釣れてくれました


立て続けに今度は40くらいのアメマスが
IMG_3603


他にもそこそこ釣れてこんな魚も
IMG_3601
アメマスの白い斑点がピンク色?こんなの見た記憶ないような・・・

あとで調べたら降海型のアメマスにこの様な色付き斑点の個体がいるみたいですね!?

海からここまで上がってきたのか~、ご苦労様

この釣行に味をしめた私、今度は休日にとある河川の下流域へ

平地でも紅葉が進んできてますね~
IMG_3608


紅葉が進むという事は落ち葉も多くなってくる訳で・・・
IMG_3606
落ち葉多いなぁ・・・水面にも水中にも・・・

こうなってくると私の腕前ではミノー使うとリップに落ち葉が引っ掛かりまくり

ほぼシングルフックのスプーン釣行となります
IMG_3609
きたきた小アメマス釣れてくれました!


またコンコン!とアタリが!
IMG_3610
ええ~カレイ!?そりゃ下流域だけどもルアー通したの中層くらいだったよ?

川床から中層まで追っかけてきたのか、ヤル気のあるカレイでした

今度は流れがドンヨリの深場で巻いていると足元・岸際でギラっと赤い影が反転しました。

ドン!としなる竿!ジー!とラインも出ていきます!
IMG_3611
ヤッター!久しぶりにニジマスいつもは釣れない私なのに今年はニジマス当たり年かも!?


赤い模様が見事ですね~、50には届かず48cmでしたが大満足
IMG_3612
この川はアメマス釣りの定番河川でしたが、ここ数年ニジマスもちょこちょこ釣れてくれます。

これで気力を使い果たした私はここで納竿することにしました。

帰りがけに巨木の脇で少し休憩
IMG_3614
これくらいの太さになるのにどれくらいかかるんだろうか?

コケやシダ植物も根を張って共存共栄なのかな?
IMG_3615
前に見た広葉樹の巨木には針葉樹の松が途中から生えていたり・・・

そんな事もあるんだなぁ、と豊かな自然の中で遊ばせてもらってる事に感謝して帰路につくのでした。

湿原河川のアメマス開幕

私の親しくさせてもらっている釣友達

比較的淡水・河川での釣行が多くいつも羨ましいほどの釣果を写真などで見せてくれます

その気になって数日後行ってみると全然釣れなかったり・・・

タイミングもあるけどやっぱり総合的な腕前はかないません

今回もアメマスしっどい釣れたよ~と写真が

その中に良いサイズのイトウが混じっていたり

またまたその気になった私、仕事帰り釣行に行ってみました
DSC_0032
ここは別海町と中標津町の境界を流れている湿原河川


ミノーだと流れてくる落ち葉を拾いまくるのでスプーンにチェンジ
DSC_0031
おお~けっこう釣れてくれる!サイズは30前後ですが元気なアメマス

そんなサイズばかりですがポイントごとに釣れてくれて楽しい~
DSC_0033
1時間ほどで薄暗くなってきたので納竿、仕事帰りにしては大満足釣行でした

これで気を良くしてしまった私、数日後の休日に早朝から太平洋へと流れている湿原河川へ

入釣直後に「ドスン!」と重たいアタリが

サイズも大きい!慎重にやり取りして寄せてみると・・・

君でしたか、産卵の邪魔してゴメンね

きれいにルアー咥えたからイトウだと思ってバラさないよう必死だったよ

川へお帰り・・・

そこでは3時間ほど釣り歩くもアメマスの気配も感じられず、トボトボと車まで帰ってきました

良い日もあればそうじゃない日もある、だから面白いし釣りはやめられませんね~

おにやんま君装備で実釣編

ちょっと日にちが経ってしまいましたが、防虫グッズの「おにやんま君」が届いて数日

この日は気温も高めで虫も出ていそう、少し時間ができたので近場の川へおにやんま君装備で魚釣りへ
IMG_3254
取り付けた帽子を被るとこんな感じに

てくてく歩いて草わら、藪をかき分け河原へ向かいます。

歩き始めてすぐ蚊の「プゥ~~ン」という嫌な羽音が顔の周りを付きまといます

いつもなら手で払っても1~2か所は刺されるところ、あれ?いつのまにか蚊がいなくなってる・・・

たまたまでしょ?気の持ちようでしょう?

今度は蜂が(この辺でいうスガリが)ブーンと寄ってきましたがあれ?もういない・・・

結局この日虫刺されはなし!たまたま運の良かった日かもしれませんが
IMG_3259
短い時間の釣行でしたがおかげで釣りに集中できました


小ぶりなニジマスが相手をしてくれて坊主は回避です
IMG_3260
小さいながらそこはニジマス、水面から跳ねる跳ねる!楽しませてもらいました。

しかしどこの河川も水不足、いつもは渡れないような場所でも胴長で普通に歩けてしまいます

台風まではいらないけど、雨が降って川の状況が良くならないかな~

そしたらまたおにやんま君装備で釣りに来たいと思います

お舟を浮かべてシュンクシタカラ湖

去年秋、今年春とシュンクシタカラ湖での釣りで敗北気味の私・・・

夏シーズンかの湖の様子はどんなものなのか?

そんな思いを巡らせていると友人がゴムボートともう一台水上乗り物借りてくれて

「これでシュンクシタカラ湖の水上から釣りしてみよう!」と

7月下旬に計画実行、友人と釣り好き息子(友人は父親、本人、息子と三世代血統の釣りサラブレッド・笑)

そして私の三人で山奥を目指します。友人ジムニーにはトレーラーも引いてもらって
07.24シュンクシタカラ湖01
あの急な山坂のトレーラー引きおつかれさんでした

現地到着!最初雨模様だったんですがなんと先客さんが2名いらっしゃいました

やっぱり好きな人はいるんですね~

早速組み立て準備して今回私が乗せてもらうのがこちら
IMG_2999
めっちゃ楽しそう


そして友人親子は颯爽と漕ぎ出して沖に向かってます
IMG_2998
あれ?ゴムボート・・・

釣行の数日前にカヌーを購入、釣行日の前日に最道東から道央まで引き取りに行ってくるという行動力

こりゃー楽しみでしかたなかったですよね~

それでは私も出発!
IMG_3001
水は綺麗で底も見えるんですが、岸から数十メートルも離れると深すぎて全然見えなくなる

こんなに急にかけ下がっているんですね、不思議な湖

借りたこのリバレイの乗り物、床がないので最初はおっかなびっくり
IMG_3002
それでもけっこう安定していて漕げば思いのほか進んでくれます


こんだけ山奥だと動物もあまり人間を危険と認識しないのか近付いても逃げません
IMG_3047
眠そうなキツネ


鹿は水中の何か食べてるのかな?
IMG_3016


こちらを向いてよだれダバー笑
IMG_3017
ドリフの牛乳コント思い出します


鳥もめっちゃ近いです
IMG_3032


そうこうしてるとカヌー組は岸際や倒木を攻めたりしてルアーを追ってくる魚影をけっこう見たと!
IMG_3011
私も追っかけ狙ってみるとアタリ!バラシ・・・

やはりこのパターンか・・・

こんな調子で釣りまわるとついに待望の魚の姿が!
1595580475585
友人から後で送ってもらった写真、良いニジマスですね~

いつもは息子氏の日が多い親子釣行のようですが、この日は父さんdayだったようですね

アタリはあるんですが残念ながら釣り上げるまでいかない息子氏悔しそう
IMG_3037
また後日リベンジ釣行ですね


私は釣りも楽しいんですがこの水上の雰囲気が心地よくて
IMG_3035
水上でオニギリ食べたり


長い休憩でコーヒータイムとったり
IMG_3051
なんでか屋外でとる食事って美味しいですよね~


さっきの水中鹿はどうなったかな?と様子見に行ったり
IMG_3043
めっちゃ潜ってる、ほぼ潜水でしょ・・・


一通り楽しんでお昼過ぎ、下山するにも丁度良い時間ですね
IMG_3052
強めの雨も降ってきたんで撤収します~


ゆらゆら漂った水上釣行
07.24シュンクシタカラ湖02
また来たいですね、今度は自分で釣りあげた魚の写真撮りたいな~

そして某SNSで写真を数枚上げると、なんとこの日来ていた先客さんからコメントが!

世の中狭いですね~、良型のイワナとニジマスが釣れたようで写真を見せていただきました

う~ん、ますます自分で釣りあげたくなりましたよ~

走古丹から虫類川へ・海へ山へ釣り歩き

ひと月前、6月下旬のとある日

西別川の河口から続く海沿い沿岸・走古丹でサクラマスがそこそこ釣れているよ~

と友人が釣果の写真を送ってくれました。

次の休日に早速走古丹へお出かけ
IMG_2815
6月1日から西別川の河口規制は右海岸・左海岸とも1000mなのでその範囲の外側へ入釣

先客さんもいたのでお話聞いたらまだアメマスとカジカしか釣ってないよ~と

もしかして釣れた話を聞いてから現地に行っても遅いよパターンかな?

とりあえずラインの先にジグを結んでキャストを繰り返します。

竿を振りながら景色を眺めていると水平線に蜃気楼?
IMG_2812
建物の影と風力発電のプロペラが見えます。

方角的には根室半島なんですが、陸地が水平線の影になっているので洋上発電みたいに見えますね

そんな感じでのんびりしていたら竿先にアタリの感触!
IMG_2809
カレイでした~、しかもスレがかり

その後小一時間竿を振り続けるもサクラマスの気配は無さそうなので諦めて内陸へ

ニジマスが釣りたくなったので少し車を走らせて虫類川へ
IMG_2818
こんな作工物のある場所の下流でフィッシング!

う~ん相変わらず流れが早い、湿原河川の釣りで育った私には新鮮で楽しいです
IMG_2819
川床も石わらなので水もとても奇麗です

しかしニジマスはきてくれず・・・
IMG_2820
くるのはご遠慮願いたい魚のみ・・・

なかなか思うようにいかない、そんな釣り歩きの日でした~



もしよろしかったら押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村



人気ブログランキング



総合釣り情報サイト

魚速報
google-site-verification: googledf8960435a96a361.html
プロフィール

北海道の東側で広く浅く色々な趣味を楽しんでいます。
どちらかというと屋内よりも屋外、アウトドア派です。

お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。
  • ライブドアブログ