北海道の東方から

道東をメインにちょっとドライブやツーリング 魚釣りなんかを素人写真で日記的に書いていければと

ニジマス

走古丹から虫類川へ・海へ山へ釣り歩き

ひと月前、6月下旬のとある日

西別川の河口から続く海沿い沿岸・走古丹でサクラマスがそこそこ釣れているよ~

と友人が釣果の写真を送ってくれました。

次の休日に早速走古丹へお出かけ
IMG_2815
6月1日から西別川の河口規制は右海岸・左海岸とも1000mなのでその範囲の外側へ入釣

先客さんもいたのでお話聞いたらまだアメマスとカジカしか釣ってないよ~と

もしかして釣れた話を聞いてから現地に行っても遅いよパターンかな?

とりあえずラインの先にジグを結んでキャストを繰り返します。

竿を振りながら景色を眺めていると水平線に蜃気楼?
IMG_2812
建物の影と風力発電のプロペラが見えます。

方角的には根室半島なんですが、陸地が水平線の影になっているので洋上発電みたいに見えますね

そんな感じでのんびりしていたら竿先にアタリの感触!
IMG_2809
カレイでした~、しかもスレがかり

その後小一時間竿を振り続けるもサクラマスの気配は無さそうなので諦めて内陸へ

ニジマスが釣りたくなったので少し車を走らせて虫類川へ
IMG_2818
こんな作工物のある場所の下流でフィッシング!

う~ん相変わらず流れが早い、湿原河川の釣りで育った私には新鮮で楽しいです
IMG_2819
川床も石わらなので水もとても奇麗です

しかしニジマスはきてくれず・・・
IMG_2820
くるのはご遠慮願いたい魚のみ・・・

なかなか思うようにいかない、そんな釣り歩きの日でした~

セミのルアーで屈斜路湖の釣り

初夏を迎え新緑の緑が色濃くなってきた6月初旬

釣友は道北へ遠征、親子そろって海でメータークラスのイトウを釣り上げたと・・・

羨ましい~!!道北まで遠征かぁ

もし行くなら函岳の林道走って頂上からの景色も見てみたいし、晴れ予報の時がいいな

今回は近場でどこか・・初夏のあそこの様子はどうかな?と私の癒されスポット屈斜路湖へ

緑がだいぶん色濃くなりましたね~
IMG_2628
いつもの旧道を少し歩いて

湖方向へ
IMG_2629


湖面に到着!相変わらず良い雰囲気
IMG_2630

IMG_2631


正面に和琴半島を見ながら竿を振ります
IMG_2632


しばらくキャストを繰り返していると「ジジ・・ジ・・ジィ」と水面から音が

弱ったセミが水面に落ちてしまっているんですね
IMG_2642
岸際にもこんな状態で動けないほど弱々しくなってしまったセミが

そんな水面のセミが気になりチラチラ見ながら釣り続けていると

「ガボォ!!」 !? 水面が割れました

魚がセミを食いあげてきました!横っ腹に赤いラインがあった・・・

40cmくらいのニジマスでしょうか!?

早速ルアーケースをガサゴソ探してセミルアー装着!

キャスト!着水!チョイと糸はって波紋をたてて・・・を数度繰り返すと

「ガポン!」 キター! 楽しい!
IMG_2633
ウグイが釣れてくれました~

見事に水面のセミルアーに食いついてくれました
IMG_2634


その後アタリが続かず、いつもの倒木でコーヒータイム
IMG_2637
う~ん、この水辺の雰囲気に癒されます

休憩終わり!再開セミルアー!
IMG_2644
ルアーがパタパタ泳いでる写真撮りたいけど片手では難しいですね

泳がせたルートにパタパタ羽でたてた泡の跡が
IMG_2643
魚が追って来たり、食いあげてきて水面炸裂するも上手くのせれず・・・

それでも水遊びと水辺の雰囲気を堪能できたので今日はこれで納竿、また来ます屈斜路湖

野生のウサギはカンガルーみたい?

先日のシュンクシタカラ湖釣行の道中、山奥なので鹿やキツネなどの野生動物に沢山遭遇しました。

そんな中あまり見かけない動物も
IMG_2470
野ウサギ!冬は真っ白な毛色ですが今時期は茶色なんですね~

サイズも猫より一回り大きいくらい!脚がガッシリ!

帰ってこの写真を妻に見せたらパッと見て一言「カンガルー?」

まあ・・・遠目で見たらそう見えないことも・・ないかな?

山奥で人間なんてあまり見かけないのかノッソノッソ歩いて藪の中へ消えていきました

そんな山奥ドライブの帰り道、ちょっとボウズ逃れでここへ
IMG_2503


近くによるとマイナスイオンが~、でもこの日はちょっと寒いくらい
IMG_2505


小さなニジマスに遊んでもらって一応釣果あり!?ってことで
IMG_2504

激流河川の上に不思議な籠が・・・

フラッとドライブしていると面白そうな道を発見することがあるもので

この日も川の近くまで行ける道とか良い釣り場ないかな~と車を走らせていると
IMG_2459
ありましたありました山道的な道路、方向的には川の方に向かっています

しばらく進むと開けた場所に到着、そこに不思議な施設が・・・IMG_2461


川の上をワイヤーで対岸と結んで人が乗るのかな?籠みたいな物がぶら下がっています。
IMG_2462


だけど対岸は崖!向こうに到着したとしても行き場がありません
IMG_2464


向こう側崖のワイヤー支えている基礎、これもどうやって施工したんだろ!?
IMG_2463
かなり切立った崖の中腹、下は深く激しい流れで上はず~っと急傾斜面です・・・


どうやらこれは北海道電力の河川流量計測所のようですね
IMG_2466
昭和55年に設置ってことはちょうど40年前に造られた施設なんですね~

あの籠に人が乗って川の上で観測するのかな?

「危険!」や「立入禁止!」の文字があるので遠巻きにズーム撮影でした

少し歩いて下流側で釣りしましたが小さなニジマスを目の前でバラして終わり・・
IMG_2468
また日を改めてリベンジ釣行に来たいと思います

三月終盤、小春日和の川歩きでニジマスを

私の住む根室管内はトラウト釣りのできる河川が多数あって

春の足音とともに釣り人の足音もグッと増える地域です

そんな中でもほぼ一年中釣行を楽しめる当幌川

1995年から日本で初めて河川内でサケ・マス釣りができるようになった忠類川(ライセンス制)

などが良く名を聞く河川でしょうか、他にも多数良い釣り場の河川がありますが

意外と「標津川」の名前はあまり上がってこないような・・・

中標津町~標津町にかけて流れているこの川、比較的近いのでちょくちょく釣りに通っています。

三月下旬に釣り仲間から「こっちでアメマス釣れたよ!」「あっちではイトウが上がったみたい!?」

と連絡が入り、仕事の日でしたが気温の温かさもあって帰りに標津川へ寄り道・・・
IMG_2360
あそこのガケ下が深みになっているんですがここは不発・・・

ここのカーブの淀みも魚出てこないなぁ
IMG_2363
上流側は直線なんだけど、ストレートの最後はちょっと流れ緩んでるのでそこへキャスト

IMG_2361
やりました~ニジマス!深みではなく直線にいるとは・・・

いつも頼りにしているDDパニッシュできてくれました
IMG_2362
仕事帰りの小一時間で釣れてくれたので大満足で帰りました~



もしよろしかったら押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村



人気ブログランキング



総合釣り情報サイト

魚速報
google-site-verification: googledf8960435a96a361.html
プロフィール

北海道の東側で広く浅く色々な趣味を楽しんでいます。
どちらかというと屋内よりも屋外、アウトドア派です。

お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。
  • ライブドアブログ