北海道の東方から

道東をメインにちょっとドライブやツーリング 魚釣りなんかを素人写真で日記的に書いていければと

流氷

冬の釧路川、元直線区間へ

連日最低気温がマイナス20度前後の道東地方

この寒い季節の釣り物といったらワカサギが思いつきますね

氷に穴をあけてワカサギの穴釣りは冬の風物詩

オホーツク方面に流氷が接岸して一番寒さの厳しい季節、こんな時に川に行こうなんて人は少数でしょうか

日中の最高気温もマイナス5度を上回る事はなく、それでも隣管内の方が幾分温かいかな?

と車を走らせてみます。
IMG_4306
と道中でこの冬よくお目にかかる道路上の鶴の集団

なんだか鹿並みに路上で出会う気がするのは気のせいなのか、それともそれだけ増えているのかな?

のんびりしていて近付いてもなかなか逃げてくれないのです

さて現地到着、こんな寒い時期でも同志はいるもんですね~足跡けっこうある
IMG_4307
ていうかここ木道ができたんだ、知らなかった~

周辺にいる鹿たちもやっぱり整備された道の方が歩きやすいですよね
IMG_4314
木道上の人の踏み跡、鹿も通ってるけどあの細足じゃあ固まった雪も踏み抜けちゃいますね

川に到着、寒々しい~!
IMG_4308


岸際は氷っていてルアーがスケートします
IMG_4309


ちょいちょい探りながら下流に向かうといきなり木々が生えていない箇所へ到着
IMG_4312
ここは元々蛇行していた釧路川を昭和の50年代に直線化工事した場所

しかし釧路湿原の急激な環境変化、湿原面積の減少などで再び元の蛇行流域へと川を切り替えた区間

よく見ると埋め戻した土砂が流出しないように土嚢?石嚢?が積まれていますね
IMG_4313


なんて観察していると、このオッサン何してるの?って感じで鹿がこちらを観察してる
IMG_4311


国土地理院の昭和52年に撮影された空中写真
1977.09.28茅沼
蛇行している釧路川と直線化工事真っ最中の様子が伺えますね。

グーグルアースでは今の再び蛇行化した河川状況を見ることができます

こんな場所が他にもたくさんあったんだろうなぁ

となかなか曲がってくれない竿を振り続けたのでした~

流氷の羅臼は雪模様・・・

二月下旬、流氷本場のオホーツク方面は一面の白い海原ですね。

知床半島の東側根室管内、こちらも海的にはオホーツク海(調べたら根室半島が太平洋との境界みたいです)

今時期は羅臼あたりまで行けば一面氷の海原を見ることが出来ます。

羅臼の展望台ライブカメラで状況を確認、天気は快晴!海も流氷で真っ白です

そしたら向かってみましょう!

出発地の中標津もなまら良い天気
IMG_2227
大型バイクの旅ライダーも颯爽と走っています。二月ですけどね・・・

だいたいの道内ライダーは唖然とするはず、だって寒いもん

アフリカツインにGSいいですね~、いつか私も乗りたいな

そんなんで羅臼に到着!
IMG_2228
天気は残念ながら雪模様、山が近いから天気変わりやすいですね。でも流氷は凄い!

平日のこの天気でも展望台には一組ずつ入れ替わりペースでお客さんが来ていました。

山方向は雪降りで真っ白です。
IMG_2231
天気が良ければ羅臼岳まで見渡せるんですけどね・・・

この展望台に来る道中には2008年まで営業していた羅臼スキー場の跡地があります。
IMG_2233
天気の良い日は眼前の大海原に国後島や流氷を拝みながら滑る事ができた絶景スキー場だったようで

リフト施設が今でも残っていてスキー場だった雰囲気を漂わせています。
IMG_2235
今になって当時訪れてみたかったと思うよくあるパターン・・・

さて流行りものも怖いので人込みは避けて真っすぐ帰りますか。

2月は流氷の隣でフィッシング

暖冬の影響か雪も少ないですが流氷の接岸も遅れていた2月。

中旬になると流氷メッカのオホーツク方面、やっと流氷で一面真っ白な海景色を見られるようになりましたね。

そうこうしてたらこちら方面にも流氷やってくるかな?と標津町の海岸へIMG_2164
来てました来てました流氷!

まばらですがれっきとした流氷です
IMG_2165
こんな将棋崩しみたいになってる塊も

沖には流氷の一団が控えていますね~
IMG_2170

この氷塊は鳥たちにも良い休憩所みたいで・・・
IMG_2174
オジロワシとカラスでXになってる

そんな海岸に流れ込むS川、いつもは3月くらいに氷が解氷してアメマス釣りが楽しめるんですが
IMG_2175
ちょっと氷あいてる!竿振ってみようかな~!?

いつものパニッシュを糸に結んで開始してみます
IMG_2182


あそこから奥は氷ゾーン
IMG_2178


あんまり張り切って竿を振ると・・・
IMG_2194
あんな感じでルアーがスケートして行ってしまいます

昼時でおなかがすいたのでお昼ご飯食べてからまた戻ると
IMG_2187
水鳥銀座と化してるー・・・

気持ちよさそうに水浴びしてますね~、水中に魚いたら超警戒しちゃうなぁ・・・IMG_2189


そんなんでまた開始するも魚からはなかなかお返事もらえず
IMG_2190
ちょっと冷え込んできたので今日は諦めて帰りましょう。

と車に目をやると
IMG_2195
流氷に鳥乗り過ぎでしょ・笑

そんなに居心地いいのかな?
IMG_2196
鳥もこの時期限定の氷塊を楽しんでいるのか・・・

もう少し時間経てばこちら方面の海岸も流氷の量が増えてくるでしょう

知床半島・車で行けるとこまで(羅臼町)

羅臼の道の駅でお土産を購入した後、更に半島の先向かってみました
IMG_0389
ここが相泊地区、漁港もあってここが車で来ることができる一番端ですね~

沖にある流氷もちょっと近づいたような・・・ゴツゴツと荒々しいですね
IMG_0416


岸際には浅瀬に打ち上げられた流氷が山になっています。
IMG_0425


単独の氷は海水に浸かって青みがかってきれいですね~
IMG_0407

道中の滝は氷って半分氷瀑に
111


IMG_0406
クライミングする人はこんな氷の断崖も登っちゃうんですかね

やってみたい気もするかも・・・


こっちに来るとなおさら国後が近いような気がするなぁ
IMG_0401


足湯でもしたいな?と瀬石温泉にも寄ってみました。
IMG_0395


この温泉は「北の国から2002遺言」で純とトドが入っていましたよね
IMG_0396


潮の満ち引きで海水が出入りするのでお湯の具合はどうかな?
IMG_0397
こっちはちょっと冷たい・・・

もうひとつはさらに冷たいなぁ
IMG_0398
入る事ができたら海と流氷を眺めながらのんびりできたんだろうけどもこの日はダメでした


標津町まで戻ってきました。あの半島まで行ってきたんだな~
IMG_0434
また行ってこよう!今度は知床峠開通したら半島横断ドライブですね

知床世界遺産で流氷観光(羅臼町)

知床半島は2005年に世界遺産に登録されて今年で14年

流氷や知床五湖などがある斜里町・ウトロ地区も定番ですが、

私の住んでいる場所からは羅臼町の方が近いし馴染みがあります。

展望台からの眺めも見事ですよ
IMG_0372
この日は天気は快晴で穏やかでしたが、流氷はちょっと沖でしたね

こちらの羅臼国後展望塔までは道路を上って車で来ることができます
IMG_0371


流氷は沖でちょっと残念ですが、天気が良いので国後島もハッキリ見る事ができました。
IMG_0375


港内にはちょっと流氷が残っていますね。
IMG_0382


お昼時なので観光船も港にどんどん戻ってきます
IMG_0377


海と反対側には真っ白な羅臼岳、荒々しいですね~
IMG_0379


展望塔に上ってくる道路沿いに今は営業していないスキー場も
IMG_0380
歩いて登ってスキーやスノーボードを楽しんでいる人もいるみたいです。

海や流氷、国後島なんかを眺めながら滑るのは爽快でしょうね~


そうして道の駅知床・らうすで今日は仕事の嫁さんにお土産を購入です
IMG_0388
一袋は自分の運転用のおやつに・・・

さてここからさらに進んでいってみましょう~ 続く



もしよろしかったら押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

魚速報
総合釣り情報サイト


FC2ブログランキング
プロフィール

北海道の東側で広く浅く色々な趣味を楽しんでいます。
どちらかというと屋内よりも屋外、アウトドア派です。

お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。
  • ライブドアブログ