北海道の東方から

道東をメインにちょっとドライブやツーリング 魚釣りなんかを素人写真で日記的に書いていければと

白糠

日本一長い林道?道東スーパー林道

バイクに乗り始めた20歳そこそこの頃

ツーリングも好きでしたが、わりとダート走行が楽しくてよく林道巡りをしていました

近場にある大規模な林道で、白糠~浦幌間を結ぶ当時は日本一長い林道だったのかな?
IMG_1337
道東林道・通称「道東スーパー林道」ですね、よく走りに来てはこの看板の前で記念撮影してました。

荷物を満載のツーリングライダーともよくスライドしたりして、林道の割にそこそこ交通量があったような

あれから20年程経った現在、経年で荒廃したり台風被害・高速道路の延伸等で今は全線の通り抜けは不可・・・

現在どんなもんなのか8月初旬にチラっと白糠側の入り口に訪れてみました。
IMG_1339
この入林届出箱のY字分岐ところまでは大型車が出入りしているのかな?

砂利道が踏み締められていて走りやすかったです。

そしてこのY字路の直進方向が林道本線
IMG_1338
ガラっと雰囲気が変わって荒れ道感がでてきます。

そして懐かしのゲート
IMG_1340
なんていうか・・・こういうゲートがあっても活気を感じる道ってありますよね?

ここは今は静まり返って荒廃を待つのみみたいな感じなのかなぁ
IMG_1342
当分のあいだの通行止め措置はもう解除されることはないですね

当時走破しておいてよかったと思う反面、今は通れないとなると寂しいもんですね~・・・

灼熱の馬主来(パシクル)沼

猛暑まっただ中のお墓掃除の日

せっかく海方向に来たのでパシクル沼にも寄ってみました

”パシクル”はアイヌ語でカラスという意味らしいですね。

ちょうど沼を半分に分かつかたちで東が白糠町、西が釧路市音別町になっています

沼を一望できる高台にジムニーでエッサーホイサ登って行きます。
IMG_1327
海から海霧がかかって沼があまり見えない・・・

涼しげな海霧ですがこの高台は灼熱です

アブも大群で押し寄せて、撮影してすぐ車に避難!
IMG_1326
この土道を登ってきましたが、どんどん霧が入ってくるな~・・・

と思ったらちょっとだけ晴れた!
IMG_1328
日差しが痛いです!撤収!


スッキリ見渡せればこんな沼の全景を眺められます。
IMG_20180925_102337
また日を改めて来てみましょ~

一面紫色の絨毯・シソ畑(白糠町)

先週まで連日30℃超えの猛暑が続いていた道東地方

そろそろお盆前だし、お墓の掃除に行こうかな?と

だけどこんな暑さの中で作業したら自分がお墓に入りかねないなぁ・・・

そんなわけで日が昇るくらい、早朝の涼しいうちに行ってきました

久しぶりの早朝からの行動、お墓掃除が終わってもまだまだ午前中が始まったばかりです

そうだ!一年ぶりにあそこに行ってみよう~
IMG_1336
今年もやってきました、白糠町の鍛高(タンタカ)地区

ここにはシソで作る焼酎、鍛高譚(タンタカタン)の原料となるシソの畑があるんです。

一面紫色のシソ畑、見事ですね~
IMG_1335


そしてこの暑さの中での畑作業の方々、お疲れ様です。
IMG_1332
ナウシカの1シーンを彷彿させるような光景・・・

来年もまた見に来ます

哀愁のかつての夢広場・サテライト釧路

釧路から帯広方向へ向かう国道38号線はツーリングでよく利用するルート

その道路沿い、道の駅・しらぬか恋問の少し釧路寄りにかつての場外舟券販売所

「ボートピア釧路」(1993年~1999年)の跡地があるのはよく目にしていました。

今日その他に競輪の場外券売り場があったって話を初めて耳にして

まだ明るいうちに時間がとれたので行ってみることに
IMG_1068
「サテライト釧路」(1995年~2002年) 入口にはこんな看板が

白糠町・庶路地区のはずれにこんな場所があったんですね~

入口付近の路面はこんなお洒落なタイル敷きの通路
IMG_1069


学校の体育館のような形の建物ですね~
IMG_1070
ガラスも割れて、解放されている窓もあるので中も荒れているのかな・・・


入口にはしっかり”サテライト釧路”の文字看板
IMG_1071


駐車場も全面舗装ですが自然に還りつつありますね・・・
IMG_1072

年代的にバブル景気の余韻がほんのり残っている頃に建てられたけど、

バブル経済が崩壊した頃だったので景気も急速に悪化、お客さんもなかなか集まらなかったんでしょうかね

立地の場所もちょっとわかりずらかったかも

この年代のこういう運命をたどっている施設って沢山あるんでしょうね。

まさしくバブル景気の夢の跡でしょうか・・・

一面鮮やかな紫色のシソ畑(白糠町)

ある夏の日、いつものごとくツーリング山探検を楽しんで帰路へ

幹線道路に合流してゆったり走っていると前方に鮮やかな紫色の一帯が現れました。
111
白糠町にある紫蘇(シソ)畑、久しぶりに走るこの道路沿いにあったんですね~

白糠町~本別町に抜ける国道392号線、その途中にある鍛高(タンタカ)地区

ここで紫蘇焼酎の原料になる紫蘇が育てられています。

地区名から名前をとって鍛高譚(タンタカタン)っていう品名で特産品になっていますね

上の写真が7月下旬、下の写真が8月上旬
IMG_20180807_140648
2週間ほどでだいぶ育つんですね、このころは地面も見えないくらい一面紫!

焼酎の他にも紫蘇を使った鍛高梅酒、鍛高ラムネなんかもあるみたいです。

一度全品飲み比べしてみたいですね~

もしよろしかったら押していただけると嬉しいです! にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村


人気ブログランキング
プロフィール

北海道の東側で広く浅く色々な趣味を楽しんでいます。
どちらかというと屋内よりも屋外、アウトドア派です。

お問い合わせ
google-site-verification: googledf8960435a96a361.html
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。
  • ライブドアブログ