自然好きなアウトドア派の方ならチラッと聞いた事があるかもしれない「野付半島」

砂嘴(さし、海流によって運ばれた砂が堆積してできた地形)としては日本最大で延長28km

野生動物が多数生息していて、鳥類の写真を撮りにくる人も多いですね。

トドワラやナラワラなんかの、樹木が立ち枯れてできた景色も不思議な魅力です。

最近は水平線ならぬ「氷平線ツアー」なんかも半島にあるネイチャーセンターで企画されていて人気とか。

そんな野付半島は、だいたい半分くらいから陸側は標津町、先端側は別海町と二町に分かれています。

それも不思議な感じ、根本と先で違う町

道路を走っていくとカントリーサインが現れます。
IMG_0201

IMG_0202
ここから先が別海町


早速鹿の親子がお出迎え
IMG_0203
お父さんちょっと待ってあげて・・・

IMG_0205
華麗に走り去って行きました~


道路上で戯れる小鹿二頭
IMG_0208
これならカワイイんですが


こんなのが車で走ってる最中に飛び出して来たら・・・
IMG_0225
確実にこちらが殺られてしまいますね


一般車両が行けるのはここまで、歩いてこの先に行くのは大丈夫みたいですね。
この看板のすぐ脇に大きな駐車スペースもあります。
IMG_0227


振り返るとネイチャーセンター
IMG_0239


ネイチャーセンターのすぐ近くにこんな建物も
IMG_0257

IMG_0258
確かにここで津波警報が出たら道路戻るの時間かかりますもんね・・・

「平常時は展望施設としてご利用いただけます。」 では早速!


ここからの眺めもなかなか良いですね!ネイチャーセンターより高い
IMG_0266


ここから氷平線ツアーのお客さん達がカッコよかったので一枚だけ・・・
IMG_0267
アルマゲドンみたい!古いか・・・


帰り道で、海の中に流氷の河みたいなものが
IMG_0280
これもまた神秘的・・・


そして鹿の大群
IMG_0273

IMG_0275

ちょっとドライブするのに楽しくて良い場所です~