北海道の東方から

道東をメインにちょっとドライブやツーリング 魚釣りなんかを素人写真で日記的に書いていければと

防虫

おにやんま君装備で実釣編

ちょっと日にちが経ってしまいましたが、防虫グッズの「おにやんま君」が届いて数日

この日は気温も高めで虫も出ていそう、少し時間ができたので近場の川へおにやんま君装備で魚釣りへ
IMG_3254
取り付けた帽子を被るとこんな感じに

てくてく歩いて草わら、藪をかき分け河原へ向かいます。

歩き始めてすぐ蚊の「プゥ~~ン」という嫌な羽音が顔の周りを付きまといます

いつもなら手で払っても1~2か所は刺されるところ、あれ?いつのまにか蚊がいなくなってる・・・

たまたまでしょ?気の持ちようでしょう?

今度は蜂が(この辺でいうスガリが)ブーンと寄ってきましたがあれ?もういない・・・

結局この日虫刺されはなし!たまたま運の良かった日かもしれませんが
IMG_3259
短い時間の釣行でしたがおかげで釣りに集中できました


小ぶりなニジマスが相手をしてくれて坊主は回避です
IMG_3260
小さいながらそこはニジマス、水面から跳ねる跳ねる!楽しませてもらいました。

しかしどこの河川も水不足、いつもは渡れないような場所でも胴長で普通に歩けてしまいます

台風まではいらないけど、雨が降って川の状況が良くならないかな~

そしたらまたおにやんま君装備で釣りに来たいと思います

防虫グッズ「おにやんま君」効果のほどはいかに!?

先月くらいの釣りグループタイムラインで

「おにやんま君付けて釣り行くわ!」「効果はどう?やっぱ虫寄ってこない!?」

なんて友達同士でのやり取りを目にした私

何がなんやらさっぱりわからず、おにやんま君?はて?

聞いてみると防虫剤もいらない虫よけグッズだとか。

人気商品らしく釣具店に入荷するとすぐ完売してしまうとの話。

そんな面白そうな品物私も欲しい!通販サイトを調べて早速注文

しかし返信されてきた販売店からのメールには

「思いの他の売れ行きで製造が追いつかず発送が遅れてしまいます。申し訳ありません」と

やっぱり人気商品なのは間違いないんですね

けっこう待つのかな?と思っていたら注文から10日で発送完了メールをいただき

その数日後には商品が届きました。
IMG_3231
こちらが到着した防虫グッズ「おにやんま君」

数タイプある中で私はクリップ付属の帽子取り付けタイプを購入
IMG_3235


クリップを開くとこんな感じ
IMG_3237
トンボがゴツイ口を開けたみたいですね安全ピンも付いているので衣服にも取り付け可能


吊り下げタイプってのもあったんですが、これにも吊り下げ用のリング付いてます
IMG_3233


けっこうリアルな造形ですね~
IMG_3234


説明や評判によるとアブや蚊がその姿を目にすると捕食を恐れて寄ってこないと
IMG_3232


さてその効果は・・・早速現場にて検証しましょう~
IMG_3239
いつも愛用の帽子に取り付けてみました


さていざ実釣!
IMG_3240
しかし今日の道東地方、最高気温が15~17℃予報・・・

昨日にいたっては10℃代前半って地域がほとんどでした。

一昨日まで30℃前後あった気温が一気にだだ下がり、虫も全然いません

先行者の足跡もあって釣果にも恵まれず・・・おにやんま君の効果もわからず・・・

数日中に25℃くらいまで気温上がるみたいなのでまた取り付けて検証してみます

釣りに入った河川、落ち葉が沢山流れていて確実に季節が進んだのを実感した日でした。
IMG_3241
ミノー流せば毎度落ち葉払いの季節がやってきたなぁ~・・・



もしよろしかったら押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村



人気ブログランキング



総合釣り情報サイト

魚速報
google-site-verification: googledf8960435a96a361.html
プロフィール

北海道の東側で広く浅く色々な趣味を楽しんでいます。
どちらかというと屋内よりも屋外、アウトドア派です。

お問い合わせ
プライバシーポリシー
広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。
  • ライブドアブログ